close

競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【北村友一騎手】大移動の甲斐あり
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

【東大卒】水上学が大暴れ!

サムネ画像中期的馬券プラン「戦略的集中プロジェクト」で特別鞍を提供した水上学。改めて切れ味...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週は土曜の東京が雪の影響で中止。月曜に順延となりました。 土曜東...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2019年02月14日(木)更新

【北村友一騎手】大移動の甲斐あり

先週は土曜の東京が雪の影響で中止。月曜に順延となりました。


土曜東京→日曜小倉という騎乗予定だった北村友騎手は、金曜に東京競馬場の調整ルームに入り、土曜の開催が中止になったので小倉に移動。そして、日曜の騎乗の後にまた東京まで戻ってきたのではないでしょうか。

日本列島を大移動しながら、小倉で2勝。東京では1勝だけだったとはいえ、メインのクイーンCをクロノジェネシスで制し、たくさんかかったと思われる交通費を補って余りある活躍を見せました。


気になるのは、大変だったのは騎手だけではなく、馬も大変だったかもしれないということです。


というのは、土曜の東京で出走予定の関西馬は金曜日に輸送を終えているはずなので、土日東京競馬場で過ごしたと思われるからです。慣れない環境でカンヅメになって体調の維持が難しかったのは想像に難くありません。馬体重の増減が10キロ以上の馬が(前走馬体重のわからない新馬戦を除いて)18頭中5頭もいました。


というわけで、クイーンCを勝ったクロノジェネシスはそういう難しいシチュエーションをクリアしての勝利なので、見た目の勝ちっぷり以上の評価が必要と思います。輸送距離が短くなる桜花賞ではさらなるパフォーマンスアップに期待できそうです。


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN