close

競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【横山武史騎手】絶対ペース感
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

【東大卒】水上学が大暴れ!

サムネ画像中期的馬券プラン「戦略的集中プロジェクト」で特別鞍を提供した水上学。改めて切れ味...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のフェブラリーSは、武豊騎手が騎乗したインティが逃げ切り勝ちを決めま...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2018年10月17日(水)更新

【横山武史騎手】絶対ペース感

先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山田騎手の騎乗した2番人気のペイシャエリート。ダートの2500mという長距離戦で、コースを1周半するのですが、1周目の4コーナーを回った時点で一気にスパート。先頭でゴール板を駆け抜けると、勝ったと思ったのかウイニングラン。距離を間違えて競馬をしてしまうという前代未聞の珍プレーをやらかしてしまいました。

このレースを、筆者は非常に興味深くみました。というのは、ジョッキーはペースをどうやって判断しているのかという謎があり、それを垣間見ることができたような気がするからです。というのは周りの馬との距離感や景色でペースを判断していると思えるシーンがよくあるからです。

このレースのラップは山田騎手のおかげでメチャクチャ。「→12秒5→11秒4→11秒6→15秒1→14秒7→」という感じで急激にペースアップしたかと思えば、一気にペースダウン。
ペースを感じ取って競馬をしていれば無茶なペースアップしたところでは前との差が開き、前の馬が急激にペースダウンすると今度は一気に着差が詰まるのが普通だと思うのですが、山田騎手の番手につけた岩崎騎手と柴山騎手は山田騎手がペースを上げると一緒にペースを上げ、山田騎手が急激にペースを落とすとそれに合わせてペースダウンしたのです。
それをみると、やはりペースを感じ取って競馬しているというよりも、周りの馬との間合いを見て競馬していると思えてきます。

しかし、その後ろにいた横山武騎手のトモジャプリマは山田騎手がペースアップするとどんどん差が開いていき、ウイニングランを始めたら一気に差を詰めて、さらには岩崎騎手と柴山騎手も交わして先頭に躍り出ようとしたのです。

この動きは周りに惑わされず自分のペースで競馬をしているという証で、横山武騎手には“絶対ペース感”みたいなものが備わっているのかもしれません。このレースで11番人気の人気薄を3着に好走させたのは、漁夫の利という印象が強いですが、実はそうではないのかも。


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN