競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 朝日杯FS、好調・藤沢勢を止める馬は?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2017年12月10日(日)更新

朝日杯FS、好調・藤沢勢を止める馬は?

昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング、朝日杯FSをサトノアレス、ホープフルSをレイデオロと、3つのGⅠ&GⅡを制覇。その勢いで、翌年はダービー、オークスを制している。

今年の2歳勢も、先週のシクラメン賞を勝ったオブセッションが、クラシック候補の上位に挙げられており、2年連続ダービー制覇も見えてきている。そして今週の朝日杯FSにも、タワーオブロンドン、ファストアプローチと2頭の有力馬を送り込んできた。札幌2歳Sで2着の実績があるファストアプローチも悪くはないが、評価が高いのは断然タワーオブロンドンだ。

「2戦目に地方競馬の馬(ダブルシャープ)に負けたのはガッカリでしたが、3戦目以降から大きく成長しました。ききょうSの3馬身半差も強かったですが、更に強かったのが京王杯2歳S。直線へ向いても前方とは差があり、なかなか一気には詰められませんでしたが、残り1Fを過ぎた一番厳しいところで、他馬との力の違いを見せつけ、あっという間に交わしたうえ、2着に2馬身差。上がり3F33秒2も強烈です。この脚を持っていれば、GⅠでも十分勝ち負けになります。

1Fの延長も血統を考えれば問題なし。この馬の母系は、欧米のGⅠ馬を複数出した良血で、藤沢厩舎にも何頭か入って来たのですが、エルノヴァがオープンで活躍したものの重賞は勝てず。同じ一族のディーマジェスティが皐月賞を勝ちましたから、藤沢厩舎にとっても負けていられないですね」(専門誌記者)

ディーマジェスティの名前が挙がるあたり、距離延長は心配ないようだ。勢いままに、藤沢厩舎が2連覇を達成するのか?

「藤沢厩舎の勢いと言っても、それは昨年。今年は、ここまで重賞ウイナーを3頭出している中内田厩舎だろう。厩舎のエースであるダノンプレミアムが無敗で3連勝となるんじゃないかな。

前走のサウジアラビアRCは、ハイペースを2番手で追いかけ、直線で抜け出すと、最後まで危なげなく快勝。勝ち時計の1分33秒0は、ペース、馬場を考慮に入れても、かなりの好時計だ。

さすがにレース後は少々疲れも見えたが、それも解消。朝日杯は差し馬に有利なイメージが強いが、この馬のレベルなら先へ行っても押し切ることは可能だし、そもそも阪神のマイルでは飛ばす馬もいない。ペース的には、前走より楽かも」(関西記者)

タワーオブロンドンは差し馬だけに、ダノンプレミアムが自分のペースで進めると、先行できるこちらのほうが有利かもしれない。

また関東からは、この馬の名が挙がる。

「ダノンプレミアムなら、関東のステルヴィオのほうが上でしょう。確かに前走は負けていますが、位置取りが悪すぎ。むしろ、よく2着まで届きましたよ。差し馬に有利な阪神なら、ダノンプレミアムを逆転できます」(専門誌記者)

以上の3頭が上位人気を形成しそうだが、これに割って入る馬はいるのか。候補は関西馬となりそうだ。

「またダノンになってしまうが、ダノンスマッシュは2連勝がともに楽勝。1週前の調教では、CWで凄い時計が出たようにデキは文句なしの状態だ。初めてのマイルだが、陣営は『競馬が上手なので大丈夫』と話している。2走前の時計から、スピードは上位に負けていない。

ケイアイノーテックは、かなり間隔を開けてのデイリー杯が3着。20キロ増というほど太め感はなかったが、さすがに最後は息切れした模様。これを叩いての上積みは大きいし、6月の新馬勝ち直後に『一叩きで朝日杯を目指す』と陣営が断言していたほどの馬。予定通り、一叩きで迎える朝日杯は楽しみだよ。

最後にダブルシャープ。前走はテンから仕掛けたら引っかかってしまった。それでも大負けしていないのだから能力はある。そもそもクローバー賞では、タワーオブロンドンを破っているし、力は承知済み。栗東に移籍してきて前走以上のデキだろうし、環境にも慣れてきた。人気落ちの今回は面白い」(関西記者)

藤沢勢、特にタワーオブロンドンに注目は集まるが、好調中内田厩舎のダノンプレミアムも負けていない。ただ、この2頭では馬券はガチガチ。一発穴を期待するなら、タワーオブロンドンを実際に破っているダブルシャープか、早くから朝日杯に照準のケイアイノーテックを挙げておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)