競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【ラジオNIKKEI賞】今年もメンバー多彩!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

9月の中山・阪神を3分解析

サムネ画像早いもので9月を迎え、いよいよ秋競馬が到来。秋シーズンの始まりを告げる中山・阪神...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 台風一過の13日、「頑鉄」に向かいつつ、思わず百人一首の一句が頭に浮...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の京成杯AHは、横山典騎手が騎乗したトロワゼトワルが逃げ切り勝ちを収...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年06月23日(日)更新

【ラジオNIKKEI賞】今年もメンバー多彩!

昨年は、勝ち馬メイショウテッコンが後にGⅡの日経賞を勝ったが、それ以上に出世したのが2着のフィエールマン。昨秋に菊花賞を勝ち、今年は天皇賞・春も勝つなどGⅠを2勝している。今年もフィエールマンのような馬は存在するのか。


「今のところ、そこまで大物感を持つ馬はいませんが、重賞勝ち馬あり、上り馬あり、コース適性抜群の馬ありと多彩なメンバー。どこからでも馬券が買える顔ぶれで、かなり面白いレースですよ」(競馬専門誌記者)


多彩な中でも、特に有力と見られている馬は誰なのか?近況も含めて情報をいただきたい。


「関東では、ディキシーナイトがスプリングS3着と実績ではリードしています。脚部不安で目標のNHKマイルCは回避しましたが、幸い症状は軽かったようです。美浦に戻って、1週前には坂路で51秒台の速い時計を出せたくらいなので問題はないように見えますが、そこはアクシデント明けなので慎重な部分も多いようです。なので、さすがに100%のデキとは言えないかもしれません。残り1週で、どこまでできあがってくるかというところですね。
同じスプリングSに出走し5着だったヒシイグアスは、1週前のウッドでもいい時計が出ているように、仕上がりは良好です。先にいく脚があるのと、決め手がないことも含め、福島コースは合うと思いますよ。
青葉賞で崩れたアドマイヤスコールも巻き返しが期待できます。前回はかかり気味で、あれでは雨で重くなったた2400mのレースを持たせることはできません。そんな前走を考えると、距離短縮はいいのではないでしょうか。ただ内回りの1800mが合うとは思えず、鞍上の工夫が必要でしょう。
福島コースで変わりそうなのはマイネルサーパス。ラジオNIKKEI賞と同じ福島芝1800mは、昨年に500万きんもくせい賞を使い、レコード勝ち。破った相手は、後にきさらぎ賞を勝つダノンチェイサーや、皐月賞に出走したダディーズマインド、そして先に出たディキシーナイトですから、相手も強い馬ばかり。これらを相手に、ソラを使うことを考慮し、わざと仕掛けを遅らせての勝利ですから、着差以上に強かったです。その後は不振ですが、アクシデント明けや、コースが合わずに負けたレースばかりで、決して能力負けではありません。おそらく人気は落ちているでしょうから、ここは狙い目です。
500万勝ち上がり組では、ブレイブメジャーが推しです。新馬を勝って、2戦目はメンバーの揃った500万で少差2着、続く東京マイルの500万は1.32.9秒の好タイムで勝っています。これで3戦2勝。キャリアから上積みは他馬以上に大きく、ダイワメジャー産駒なので、切れ味勝負になりにくい福島も合いそうです。
ポルーニンも、前走の500万はユナカイト、サトノフォース、ヘイワノツカイと破った相手が強かったですね。最近2連勝で、上昇度では他馬に負けていません。
いっぱい挙げてしまいましたが、それだけラジオNIKKEI賞は混戦なんです」


関東馬だけでお腹いっぱいだが、関西からも複数の有力馬が遠征を予定している。


「実績なら、唯一の重賞ウイナーであるランスオブプラーナだ。勝った毎日杯はレベルに疑問符が付くのは仕方ないが、逃げて勝ったことは大きく、小回りの福島は合うと思う。ダービーを使わなかったくらいだから、このレースへの期待度は大きいんじゃないか。
ブレイキングドーンは、春は弥生賞3着こそあるが、皐月賞は崩れ、ダービーも回避と不本意な結果。だからこそ巻き返したいところだ。ここ2戦は後ろからの競馬になっているが、末が切れるタイプではないので、もう少し前で運んだほうがいい馬。それができれば、福島なら残れると思うんだけどね。
レッドアネモスは、前走オープンの白百合Sを勝ち、格は他の馬より上。ただ前走は相手がかなり弱かったのも事実で、今回はうまく行くか。
成長度で推したいのはゴータイミング。新馬勝ち後は苦戦したが、リフレッシュして迎えた前走で一変。大外から上り32.8秒で差した脚は、これまでの同馬とは全然違う。福島が合うかは微妙も力は足りると思うよ」(関西記者)


東西合わせて、名が挙がったのは10頭。中にはマイナス情報もあったが、多くはプラス材料ばかり。さて、どの馬を選択するか迷うが、開幕週なので、まずは内枠を引いた先行馬。そしてハンデ戦なので、500万から上がってきた馬が美味しいかもしれない。実際、ここ2年は前走500万組が上位に複数来ている。


そこで、500万を先行して勝ち上がったブレイブメジャーあたりが狙い目となりそうだ。ただレッドアネモス、ヒシイグアスと先行できる馬もおり、前へ行けば単純に有利とも限らないので、ポルーニンゴータイミングもマークしておきたい。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN