競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 王者キタサンにあった落とし穴
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 【日曜阪神11R 宝塚記念(G1)】 (芝2200m 15:40発走) ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「頑鉄」の親爺から電話が入ったのは5月30日の午後2時過ぎ。店のランチタイム...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

上田琢巳のラップ・トリック

2017年06月25日(日)更新

王者キタサンにあった落とし穴

キタサンブラックの大敗は意外だが、前々から書いているとおり、ディープインパクトやオルフェーヴル級とは考えていなかったので、ある意味ナットクの部分もある。

敗因は①16F→11Fの距離短縮②降雨による緩めの馬場③ラップ以上に厳しい他馬のマーク。

ざっとこんなところだろう。これまで全てが噛み合ってGIVを重ねてきた馬。立ち回りと持続力がいつもいつも完璧に引き出されるとは限らない。

とりわけ、ラストの爆発力に欠けるタイプなので負けるなら一気に来られたケースと見ていた。

サトノクラウンは距離と馬場が向いた。パンとした良なら11F2分10秒ソコソコがマークされた可能性さえあった。

時計ひとつかかった分、突き抜ける圧勝劇となった。期待したシャケトラはデキの良さが裏目に出た感がないでもない。

シュヴァルグランの2番手は想定外。タメて3~4角マクる形を理想と考えていただけに、キャラ全開とはいかなかったようだ。関東馬のワンツー、盲点だったか。

プロフィール
上田琢巳

結果に対してシビアなファンの多い大阪スポーツで、長年に渡り堂々と看板を務め続ける、 ご存知“西の仕掛人”。競馬専門紙『1馬』在籍時から、他に先駆けて「レースラップとタイム重視」の理論を展開。競馬予想界に革命を起こしたラップ理論のパイオニアである。 数字から読み解かれる明解な推理に魅了される競馬ファンは今なお後を絶たず、 後進の予想家たちにも多大なる影響を与え続けている。