競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 京都でも覇権争いに加われるアエロリット
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年11月15日(木)更新

京都でも覇権争いに加われるアエロリット

マーク不可欠な馬が十指に余る。それも、ドングリの背比べなどではなく、当カテゴリーで望み得る最高のメンバーというのがマイルCS。中でも、春の安田記念では2度目のGⅠをほぼ手中に収めながら出し抜けを食ったアエロリットは、間違いなく覇権争いに絡む。何せ、天皇賞を視野に入れる面々を引き連れて逃げた毎日王冠でさえ危なげなかったからだ。

当欄でも指摘した通り、その時点でも進化の真っ最中。しかも、今回はピンポイントのマイルになる。また、直前の坂路というのは必勝パターン。同様に50秒台を馬なりでマークしたのだ。1週前のウッドというのもルーティーンで、そこではダイナミックなアクション。前哨戦だったとはいえ、抜かりのない仕上げで臨んだ前走から劇的に変わったということはないが、体高の伸びに比例する筋肉量とバランスが秀逸。1度走った京都では振るわなかったが、当時はコーナーを4回切る2000だっただけに度外視できる。坂の下りで制御が利けば後続を寄せつけぬまである。

同じ毎日王冠組からもう1頭、3歳ステルヴィオも首位を窺う位置に。先のアエロリットには及ばなかったが、レースの上がりが33秒8。レースの綾との決めつけがあって良い。叩き2走目で馬体が洗練されたのが何よりだし、1週前には長目から十分に負荷をかけた上にしまい重点の最後でも行き出し5Fが異例。そこに並々ならぬ意欲が表れている上に、直線はしなやかな身のこなし、測ったような抜け出しを決めた。振り返れば、2歳時に1分33秒台を2度もマークしたほど。殊に、朝日杯ではケイアイNに先んじているのだから、今季もマイル路線に身を投じていればGⅠ奪取もあり得た筈。その無念を晴らす。

あと、東ではミッキーグローリー。こちらも止まるところを知らぬ。坂路専用で最終追いの併せでも4F50秒9~ラスト12秒2なら寸分違わぬ態勢と見做して良い上に、完成されたレスラーを思わせる肉体美。唯、ハンデ戦だった前走より当然ながら斤量増で相手強化。パワーがあり余っている反面、コントロールが困難になる恐れもあってトリッキーな京都外回りが鍵になりそう。

ということで、美浦組からは一応アエロリットを最上位に。しかし、目標にされるポジションにならざるを得ないといった点も。◎は富士S組からか。特に、安田記念→富士Sといずれも致命的な不利があったペルシアンナイトに気がある。左回りに難があるのは明白で、一叩きの効果とコース替りなら本領発揮。連覇に向けての視界は開けている。

府中は東スポ杯2歳Sが面白い。飛躍を目指す好素材が揃って例年通り登竜門といった位置づけになるからだ。その中で間違いなく素晴らしいデキなのがニシノデイジー。札幌2歳Sから間隔が開いたが、ビシビシ追われて鍛錬に余念がない。しかも、追い日には判で捺したように併せ馬を消化して、その全てがハードなメニューなのだ。問題は、長く脚を使える反面、上がりの速い競馬に対応できるか否か。やはり、タイプ的には力を要する洋芝でこそ。

3 頭併せで遅れたのは追走した分、時計自体は前回の追い切りを1秒5上回ったダノンラスターには叩いた効果が見込める。しかし、あくまでも先々といった馬体の造りで、いきなりのGⅢでは連下が一杯か。同じ1戦1勝であればルヴォルグに一日の長がある。

確かに、楽に追走できた故に弾けたデビュー戦ではあった。が、豪快な身のこなしで余裕綽々だったことに加え、道中も無駄のないレース運びでハイセンス。また、500キロを超える体ながら素軽いのはバランスと柔軟性に秀でているから。間隔が開いたわりに4F58秒台1本というのはメニュー的に物足りなく映るが、見た目に緩めた雰囲気はない。外厩での調整で態勢を整えたと考えるべき。野路菊Sのワンツーが主力になるのは仕方ないものの、その間隙を突けるだけのレベルにはある。

同じ藤沢厩舎でより確実なのが土曜10Rのアルーシャ。新潟以来となるが、こちらは美浦入りしてからのメニューが豊富で負荷をかけた調整にも耐えられるだけになった、特に、綺麗な3頭縦列での行き出しだった直前は、最内から瞬く間に並びかけて1Fは12秒5と実に鋭い.以前より完歩が大きくなった印象で幅が出た馬体が何とも心強い。2月・クイーンC当時からなら大きくランクUP、準OPで骨のある相手でも通過できる。

日曜は新馬戦で6RのスズノムサシをピックUP。ゼッケン番号が示す通り、登録されたのは遅いが、美浦入りしての始動は早い。仕上げが進んでいることが分かる上に、動きがダイナミック。特に、ここ2週の内容はデビュー前とは思えぬほどで、追い比べになった最終追いは4馬身先着。それも、ラスト1Fだけで置き去りにした相手は、同じ2歳でも未勝利脱出が見えているレベルである。鞍上の合図に即応えられる点、ゴール板を承知しているかのように加速する様に能力の片鱗が見える。

オーラスを迎える福島の両日は午前中のダート1700戦で勢いと闘争資金を得る。まずは土曜2Rのロジペルレスト。現級入りしてからの2戦ではいずれも人気に反する結果だったが、見切り発車という側面はあった上に、前半の手応えを過信して進めているうちに馬が走る気を失くした。つまり、少々の無理があっても脚を使い切る形に持ち込んでこそ潜在部分が露わになる。また、それに見合う稽古をこなしているのが今回で、最終追いのしまい重点では先行態勢から内の追い出しを待ってスパート。その形になれば容易には抜かせない点を十分に示したのだ。そもそも、500万下とは思えぬパワフルな動き、ローカルを知り尽くしている丸山ならそのポテンシャルを引き出せる。

日曜は1Rのマンボカリエンテ。今回の最終追いは5F56秒を超える時計で目立たぬが、追走して外にコースを取る中身の濃さ。軽い調整で仕上がるタイプでない分、レースに辿り着くまでに時間を要するし、この過程でも一旦ピッチを落としている。勿論、万全とは言えぬが、デビュー時より帰厩後の始動が早い。しかも、肉厚ながらバランスの取れた好馬体で、ラストでストライドが一段と力強くなった点でダート替りは◎。一息入れた効果も絶大。


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN