競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 確実に上位に関わるデキ ロワJとノンコノユメ
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結する週末予想

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 本日の「競馬ウィキリークス」は コチラで公開しています! さあ、...
続きを読む

ジャパンCに清水の歴史あり!

蔵出し!スーパーショット 今年8月にこの世を去った清水成駿。ファンの皆様から追悼メッセージをいただいた...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 冷たい雨で始まった師走だが、幸いにも午後には上がり翌2日の金曜日も好天で、い...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りリポート

2016年12月01日(木)更新

確実に上位に関わるデキ ロワJとノンコノユメ

中京に替ってのダート・GⅠとなって3年目、定着しつつあると同時に今回はアウォーディーの臨戦がある。何せ、路線変更後は6戦して土つかずと稀に見る快進撃。距離があった方が良いのは確かでも、これを中心に組み立てなければならないだろう。

唯、関東勢でも上位に関われるレベル。川崎のJBCでは及ばなかったノンコノユメの巻返しが必至だからだ。馬場入りは木曜の9時半過ぎ。スタンド裏でムーアに入念な指示を与えたあとでのこと。

正面からで6F標識を通過したものの、そこからは17秒を超えるラップで行き出しは5F。前を行く転厩間もない1000万下との差、1馬身をキープしたまま直線へ。稽古駆けしないのは相変わらずで、5F70秒を超える時計で1Fも13秒を切れぬまま脚色は劣勢。が、アクセントの利いた馬体の造りで大幅な馬体減だった前走とは違う。当然ながら厚みを増した印象で前捌きにも力強さが加わったのなら上積みは必至と見做して良い。

去勢明け2戦目で上昇カーブを描いているのは間違いないから、その去勢の成果云々は先に譲るとしても、JBCでつけられた差が縮まると考えるのが妥当ではないか。

もう1頭、注意を払わなければならないのがロワジャルダン。昨年は先のノンコノユメとは0秒1差。脚を温存する形なら爆発力は凄い。確かに、今季はフェブラリーSを境に低空飛行。しかし、骨折の憂き目に遭ったのが尾を引いたとしても3~4歳時にはトップフォームに容易には戻らない経緯があった。つまり、使い込んでの良さが身上で、そこに至る過程でのポカには目を瞑れるわけだ。

きっかけを掴んだと思えるのが前走で本領発揮と言えるレース振りであった。加えて、一段と逞しくなったと思わせる中間、それだけ馬体のハリが凄いということ。実際、同じパートナーとのここ2週のDコースでは抜群の気配。5F63秒8の好時計だった1週前だけでも十分なのに、締めは6F追いで余裕の動き。昨年をなぞるような上昇曲線

年明けの当コースでロワJに先着したのがモンドクラッセ。前哨戦ではタイトにマークされながら4着と大きく崩れなかった辺りに地力強化が窺える。

ホームコースのウッドで2度目のハロー明けという、判で捺したようなルーティーン。最終追いこそ単走の形になったが、他4頭を前に行かせる道中の態勢から内を突いた直線は最後まで手を緩めぬ渾身の追い切り。ラストの12秒9にしても上々の反応があってのもの。唯、戦法が限られているのにも関わらず、早目に動き出す実力馬多数というメンバー構成上、大きな期待をかけるのは酷か。

西下する組からもう1頭挙げるなら、土曜・阪神12Rのサザンライツを。輸送を考えて直前を控え目にした京都は数字以上に緩かった。それでも、内で窮屈にならなければもっと際どかったというレベル。対して、今回は2週にわたっての一杯追いで十分過ぎるほど引き締まった。1F13秒3の最終追いにしても時計よりはリズム重視の池上厩舎だけに心配ない。ダイナミックな動きを見れば上積みは相当と結論づけるべき。

中山のメインは土曜のステイヤーズS。ここは、アルバートで仕方ない。AR共和国杯、稽古の動きは豪快だったが+12キロが示す通り、成長分を含めても少し重目。その影響で追い出してからのタイムラグがあった分、届かなかったという際どさ。JCを登録だけで見送っての1週前、ウッド正面から入っての6F追いで単走だったが、同じように入場したモーリスとほぼ同じメニューをこなしたのだから上昇一途。直前の3頭併せにしても最内から素晴らしいアクションでの抜け出しと非の打ちどころがない。昨年からの1キロ増など問題なく連覇を果たす

同じAR共和国杯でひと押しが利かなかったモンドインテロも好調キープ。というより、一段の調教のレベルを上げている点に好感が持てる。バランス良く筋肉が発達した結果、重いウッドでも安定したフォームを繰り出せるのだ。しかも、今回の3頭併せでは鞍上が最後の最後までアクションを止めない形で先着と馬を更に追い込んでいる。0.5キロ軽くなる別定56も後押しになろう。

日曜メインは少々低調な準OPのハンデ戦。先行勢が強力な中、恐らくハナを切るのが立て直してきたキングノヨアケ。先週の併せ馬で遅れ、直前は先行しての道中から結局は馬体が合わぬままで単走扱い。1F13秒4と反応は物足りなかったが、元々が稽古駆けせずに気で走るタイプ。自分の型に徹すれば力は出せる仕上り。

同じような気性の持ち主がセンチュリオン。最終追いでは外に張る感じで1秒4遅れと冴えなかったが、やはり気の悪さを出しただけで馬体の造り自体は前2走同様で心配する必要はないだろう。唯、速いピッチで進むであろう様相、漁夫の利を得そうなのがベルウッドケルン。明らかに急仕上げだった前走を叩いて素軽さを増した。格下とはいえ、内から抜き切る脚は速く本来の鋭さ。コーナー4回の中距離がベストなだけに、極端な戦法なら見事に嵌る可能性も

同じダート1800で1000万下となるのが日曜9R。一息入ったがビッシリ追って力強いアクションを披露したマイネルバサラが中心。元々が中山巧者で京都でのOP特別2着もある実力馬。帰厩後すぐに水準以上の時計をマークできたことで、放牧先での進み具合が分かろうというもの。まだ上を狙える器

日曜メイン、センチュリオンが併せて遅れたが心配ないと書いた。その直後の組だったのが同厩のハレルヤボーイ(土曜12R)。こちらは掛け値なしに鋭い動き。負かすのは容易でない同格のタケルラムセスを先行させての道中から外に合わせたから負担も相当。

にも関わらず、痺れるような手応えのまま1馬身抑え込んだ内容は秀逸のひと言。シャープな捌きでどんどん完歩が大きくなった結果の1F12秒6は数字以上の速さで、好時計を持つ中山マイルに向けて寸分の狂いもない仕上げ。 。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。