競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 桜花賞組にひと泡吹かせる関東馬は?
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【必見】春の東京・京都を徹底解説

サムネ画像桜花賞、皐月賞とクラシック第一弾が終われば、次なる舞台は東京・京都!幅員が広く、...
続きを読む

【必見】GIウィーク攻略法

サムネ画像上位拮抗の桜花賞1強ムードの皐月賞いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のヴィクトリアマイルはルメール騎手の代打としてノームコアに騎乗したレ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2019年05月16日(木)更新

桜花賞組にひと泡吹かせる関東馬は?

3歳牝馬にとってのクラシックディスタンスは初になるのが通例のオークス。従って、現時点での能力を最優先すべきで、結果的に桜花賞組が優位という傾向には十分過ぎる根拠がある。となると、そこで上位に迫ったグループを重視するのが定石で、不利が致命的だったクロノジェネシスを巡る争いというのが大前提に思える。あともう1点。今季には5→9着だったシェーングランツの巻返し成るや否や。

確かに、同馬にとってのマイルは少々忙しいから距離延長は大歓迎だし、GⅢ勝ちのある府中に替る。が、ここに至る過程では馬体の維持と落ち着きを保つことがメインテーマ。直前は3Fのみの42秒5。GⅠに臨むにしては物足りないのでは。

逆に、同厩のコントラチェックは目論見通り。3月以来と間隔が開いたが、元々がここ1本で、逆算しての美浦入りからしまい重点を丹念に繰り返し。つまり、放牧先で体を造ってテンションを抑えつつというデリケートな仕上げを施してきたのだ。結果、追い切りは向正入りの行き出し5Fで、道中もリズム良く先行馬を追走できた。鞍上とのコンタクトが密だったからこそのシャープな捌きでラストは12秒8。現状ではハナがベストと同型との兼ね合いが鍵になるが、スラリと伸びた胴で走り自体はワンペースと、むしろ当条件への適性も垣間見える。関東の一番手として名乗りを上げた。

フローラS組も吟味すべきだろう。混沌とする直線の攻防を制したのがウィクトーリアで、出負けをカバーした上に新味を示せたのだから、一躍主役に踊り出ても不思議ない。しかし、今は成長を待ちつつといった段階で、少々歩様が硬いのが気懸かり。少なくとも、前回時をキープしている程度だけに、ポテンシャルには敬意を表しても抑えまで。

そこでの2着シャドウディーヴァは当時のこのコラム推奨馬。また、2週連続の3頭併せと攻めに攻めた挙句、最後は測ったような1馬身先着と完全に軌道に載った。以前より肩の出がスムーズになった為で状態面であればTR勝ち馬より上。唯、上手くロスを抑えても差し切られた前走から2Fの延長が ネックか。

2400に主眼を置けば浮上するのがウインゼノビア。こちらにとってのステップレースには見切り発車の部分が大きかった。3月に一頓挫あっての再仕上げだったからだ。対して、全体のバランスが格段に良くなっての中間から注目の的だったし、最終追いに至っては正面からウッド入りしての6F追いで終始外目と負荷をかけられたのだ。一切の無駄がない体つきと消耗が最少限となるスムーズな運び。持久力を十分に示した昨夏・札幌でのパフォーマンスからこの舞台は格好。最大の惑星として取り上げたい。

土曜はOPのメイSがメイン。B効果ゆえに苦手の右回りで目途を立てたのが、ここ2走のダイワキャグニー。まして、1800の持ち時計が昨10月・毎日王冠での1分45秒2となれば、そこからの相手弱化も追い風に。直前は相手の5Fに対して半マイル行き出しと大きく先行しての併入だったが、時計的には及第点で菊沢厩舎の仕上げパターンとなれば不安なし。けれども、レイエンダの魅力には見劣る。 暮れの阪神は経験不足だったし、東京新聞杯は守備範囲を超える距離と敗因は明らか。そもそも、2~3歳時前半の骨折が如何にも痛かったという段階で、緩急の激しさや前半の無理が祟ると脆さが露呈してもやむを得ない。従って、ジックリと間隔を開けての仕切り直しが功を奏するのは当然で、惚れ惚れするような馬体に様変わり。良血らしさを前面に押し出している上に、フォームが洗練されてのラスト2週はいずれもウッドで12秒台と実に小気味良い。坂路中心の緩い仕上げだった昨5月、1800m通過が1分46秒9でその地点では持ったまま。とユッタリと流れる広い府中に対する適性ぶりも底知れぬ。

他の特別戦でピックUPしたのは是政特別。今回は昇級戦になるグロンフォールの前回時計が突出しているわけではない。が、骨折によって3歳の下半期を棒に振ったという不運を託った分、復帰からの成長速度は緩やか。しかも、徐々にピッチを上げる形が理想だから中山では強引にならざるを得ないのだ。対して、持続性を生かせるのが今回の条件で、まだ馬を追い込む仕上げができなかった5走前でさえ4着に食い込んだほど。加えて、しまいは控えること大半の新開厩舎にも関わらず、3頭縦列の最後尾から追い上げたように体質強化が明らかになっている。何せ、入りが16秒切るラップでの6F81秒2。それを持ったままでマークできたのだから驚きだし、一段と逞しくなった胸前で、それを存分に駆使した豪快なフットワークと非の打ちどころなし。真価発揮の場を迎えた。

新潟からも1000万下をチョイスして大日岳特別を。年明けの中京から1→2着と波に乗る関西馬ズアーにはリーチがかかっていそうだが、同型を捌くのに苦労しそうなメンバー構成に加え、コーナーの急な新潟替りとなると、同じ左回りとして単純には扱えぬ。ここは、ダノンハイパワーの復活に駆ける。行き出し5Fのしまい重点ながら上がりが38秒を切った追い切り、中間にはアエロリットに対しての脚色優勢まであれば状態には太鼓判を捺せる。前走は謂わば‘脚を測った’といった形でここに向けての布石と睨んでいたし、中途半端な位置取りでなし崩しになった暮れの阪神からの矯正も兼ねていた。

もう1頭、穴で面白いのがセイウンリリシイ。こちらも3月・房総特別を経た馬だが、それを含め、前残りの流れでも辛抱が利かなかった点でインパクトは今ひとつ。が、中山の急坂がネックになったことは確かだし、歩様も硬かった時期。逆に、ひと間隔開けた効果が覿面なのがここ2週で、5Fスタートの最終追いなどは全身を余すことなく使えていた。気温の上昇に比例して柔らか味が出たということ。昨夏には後続に4馬身と水を開けての1分8秒2と韋駄天ぶりを発揮。彼の地の水が如何にも合いそう。

最後が3歳未勝利戦でまずは日曜1Rのペイドバケーション。初戦は先陣争いが自然と激しくなるローカル・福島の芝1200で経験馬相手となれば着外でも仕方ない。また、直線になっても前向きな部分が出にくかったにも関わらず、シッカリと脚を使っての0秒8差に素質の片鱗を感じ取って良い。しかも、今回は2週にわたっての長目追い敢行で、直前に至っては古馬2頭を追走する高いハードルを課せられたのだ。1F14秒0ながら食らいついた点に良化ぶりが表れているし、牝馬ながら筋骨隆々といったイメージ。1F延長でのダート替りで絶好機を迎えた。

日曜4Rはハリスホーク。元々、稽古で目立つ馬が余裕を持った動きでの5F68秒8。一杯になる古馬を尻目に追えば幾らでも伸びる勢いだったのだ。つまり、無駄肉が取れてダイナミックさと鋭さを兼ねたわけ。中山では1000m通過63秒を超えるペースでも前半で反応が鈍かったようにもっと距離が欲しいタイプ。それでも2分2秒台と既に上を見据えるに足る時計を叩き出していたのだ。馬体が絞れての距離延長、大箱ならロスが生じないであろう身のこなしと取りこぼす要素は見当たらぬ。




柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN