競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 手薄なOPでミライヘノツバサが復活
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

3分で分かる!儲けPOINT3段活用

サムネ画像早いもので夏競馬も折り返し地点を迎えます。開催は函館→札幌、福島→新潟、中京→小...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた木幡初騎手は、先週の函館8レースもトウショウデュ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2019年07月18日(木)更新

手薄なOPでミライヘノツバサが復活

今週で一区切りがつく夏競馬。当然ながら注目の的は中京記念になろうが、有力処の1頭に数えられるプリモシーンは栗東での調整。唯、見立てとして目下の馬場とヴィクトリアM時は別。牡馬に換算すれば57.5キロのハンデも楽ではない。それならば、マイルで底を見せていないカテドラル。ここ2戦でいずれも際どく迫っているし、底力を問われるシーンで個性を際立たせてきた。53キロなら浅いキャリアを問うこともあるまい。

東は福島テレビOPで、コズミックフォースの取捨がターニングポイントになる。何せ、ダービー3着の実績を引き下げてくるのだ。問題は深管の不安によるブランク明けがどう響くか?

確かに、ポリに切り替えた先週には3頭併せの最内で糸を引くような伸びを見せた上に、直前でもやはり前を追いかける態勢から併入に持ち込んで、ラスト1Fの時計自体も短縮と良化を辿った。しかし、勢いを得た昨春、はち切れんばかりの体を誇示していた時との比較で少々迫力不足。少なくとも、セントライト記念で先着を許したグレイルに対しては分が悪くなる。

ミライヘノツバサの復活劇があって良い。最終追いは坂路に戻しての4F53秒8だったが、それまでの過程はポリ。しかも、放牧明けとは思えぬほどシェイプUPされていたことに加え、鞍上のアクションに応えて目一杯体を使えているのだ。

昨秋の復帰が1年半ぶりだったから良化度がスローなのは当然で、試行錯誤が実を結ばなかったとしてもやむを得ないし、トップフォームを取り戻しつつあるのは春の2戦が示す通り。特に、抑える競馬を教え込むことに専念した福島民報杯では周りを固められる形でもレースを投げずに0秒7差に踏みとどまっている。遡れば、GⅡでの連対実績を持つ馬。年齢とともに持久力では勝負できなくなったことも踏まえれば、ローカルの1800mが恰好の舞台となるのでは。

土曜は3勝クラスのダート戦がメイン。昨年のこの開催でテルペリオンに有無を言わせなかったワイルドカードが態勢を整えてきた。当クラス入りしてからの2戦でも、厳しい流れに晒された府中マイルで4着、暮れは発馬でのアクシデントが全てと限界を示したわけではないのだ。550キロ前後の大型馬でも季節的に仕上げに手間取ることはなかろう。実際に3週にわたる追い日の芝コースでは巨漢とは思えぬ軽快な捌きで、ラストの反応◎。地力発揮は約束されている。

唯、ここはショーム。現級入りしてからの大敗は内で揉まれ込んだ2走前のみと目途を立てている。殊に、薫風Sで上がり最速35秒8をマークして質の高い3着馬の追撃を凌いだのだから掛け値なし。直後からも緩めた雰囲気は皆無だし、最終追いに至っては6F行き出しと鈴木伸厩舎にしてはハードなメニューを課したほど。ゴールでは1馬身及ばなかったが、スタート時点であった先頭との大きな差を覆したこと自体に充実ぶりが表れている。1戦1勝の福島、それが昨年で他のコースでは見られなかった機敏性での圧勝。ローカルへの適性抜群なのが何より。

1勝クラスもダート1700m戦をピックUPして日曜8Rのラージヒル。ウッド閉鎖でオール坂路といった過程を踏まざるを得なかったが、乗り込み量は十分だし、美浦入り1本目にOPのパートナーを務められたほどだから、リフレッシュ効果◎。初ダートだった前走が抜群の手応えで進めた上に、追ってからも実にしぶとい。前々から見込んでいた通りのダート馬だったということ。適性+元値の高さで軽く通過できる。

他の特別戦では土曜・いわき特別を。ここも3歳が主役に据えてダディーズマインド。開幕週のGⅢは出入りの激しい競馬で道悪を悪条件が重なっても4着と大健闘。自分の型に嵌めれば少々の無理があってもクリアーできるということ。また、中2週ながらシッカリと5Fから追えた。鞍上とのコンタクトが密でそれがラストの伸びに反映されるという、パーフェクトな内容。シャープなラインに品の良さが表れていて2勝クラスの範疇を超えている。

ダートの短距離戦で目を向けたいのが日曜12R。サニーストームの相手探しが最大のテーマになる鞍。何せ、2歳暮れの時点で中山ダート1200での1分12秒台があるほどだし、これまでの対戦比較を問えば2走前が確固たる根拠。先週の2勝クラスで3着だった勝ち馬を追い詰めたのだ。

加えて、前回時より中身の濃い調教を課せられても体が硬くなっていないように、間隔を開けたことで一本芯が通った模様。その効果が最終追いに表れていて、広いポリで伸び伸びとしたフォームに終始。良質な筋肉を纏えたからこそで、小回り向きの器用さも。というより、多少のロス、展開の綾があっても取りこぼしてはいけないレベルに達している。

2歳戦からは日曜1Rのロードオマージュ。センスを感じさせたデビュー戦だったが伸び切れずに6着。しかし、基礎体力がつき切っていない段階で長い直線に坂、渋り気味の馬場と謂わば‘三重苦’にも関わらず、最後まで真正直に走れたのだから精神的に成熟しているわけだし、如何にも緩い印象を与えていても崩れなかった。一叩きの効果絶大となればコース替りを味方に引き入れよう。何せ、ポリでの追い切りは痺れるような手応えのまま5F67.6秒と時計を詰めてきた。回転の速さが加わった為で体も大いに引き締まってきた。




柴田卓哉が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN