競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 初重賞は得たも同然 クインズミラーグロ
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「結果決勝トーナメントに行けたから、良いのかも知れんが、最後の10分はな...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2017年06月08日(木)更新

初重賞は得たも同然 クインズミラーグロ

GⅠシリーズが終えて夏競馬に突入といった雰囲気で迎える開催2週目のメインは東西のGⅢ。まずは府中のエプソムCから。

ベースになるのは直近に同じ距離で行われたメイS。そこでは、阪神からの1.5キロ増しだったにも関わらず、連対確保と能力を見せつけたアストラエンブレム。当然ながら別定56キロなら更に前進と思えるし、1800を克服した点も進歩と捉えたい。唯、レースの上がりが33秒5という、決め手比べ故に未経験の距離をこなせたとの見方も。中間は坂路オンリーでこれまでにないパターン。マイネルミラノが引っ張るペースもアゲインストになりそうだ。

そのマイネルミラノは春の福島以来。帰厩後の1本目から併せ馬を消化できたのは、放牧先での調整が思い通りであったから。スッキリとした馬体、首を上手く使った走りで直前には3馬身先着と目論見通りのメニューを経ての実戦だから力は出せる。問題は58キロ。前年の3着時からの2キロ増しで長い直線を乗り切れるだろうか?

同じ馬主ならマイネルハニーを上位に。小倉大賞典は案外な結果だったが、逃げ切った馬にペースを握られて仕掛け処が曖昧に。唯、それで見切りをつけたのが功を奏した。柴田大が跨った1週前の時点でもシャープな身のこなしだった上に、4馬身追走の態勢からスタートした直前の5F追いでは余力残しでの併入。冬場にあった硬さが取れたのが何より。広いコースの1800なら巻き返し必至

メイSからのアドバンテージならクラリティスカイ。3歳時の実績からハンデ戦では分が悪くなるからだ。はち切れんばかりのハリで高いレベルを保っている。唯、3頭縦列の先頭で迎えた直線でもう少し弾けて欲しかったというのが正直なところ。余力残しであっても1馬身遅れは想定外だったでは。登録があった新潟大賞典をスキップした辺りから歯車が微妙に噛み合っていない気もする。

前走時に当欄で推奨したナスノセイカンを見限ることはできぬ。確かに、55キロだったわりに伸びを欠いたことでGⅢでは家賃が高いかもしれぬ。しかし、ダイナミックな動きで併入。矢野英厩舎だけにしまい重点となって字面からでは突出しているとは言えないが、同じパートナーとの追い切りでメイS時より手応えが良かったことに光明を見出すべき。前走以上といった点は保証できる

‘帯に短し…’といったメンバーというならマーメイドSも同様。何せ、牝馬のハンデ戦で格下からの挑戦を無碍には扱えないといったこれまで傾向もあるから。けれども、クインズミラーグロの存在があれば回答は導き易い。

福島牝馬S以来となるが、馬と相談しながらの仕上げといったこれまでとは一線を画す、前週までウッドでの鍛錬を続けられたほどで一本芯が通ったような力強さ。加えて、最終追いのポリでは抑え切れぬ道中で走る気満々。一気に加速した3Fからは全身がバネといった形容がピタリと当て嵌まる動きでゴール前でも二段ロケットのような伸び。チークPの効果で集中力が途切れないが為。これを大きな変り身と捉えるのが妥当だし、機敏性を生かせる阪神内回り。実際に昨年の暮れには快勝とコース実績といった点でも申し分がない

府中に戻って他の特別戦を。ますは土曜の八王子特別。常識的には……(続く)





続きの柴田卓哉・美浦追い切りリポートは
コチラで公開しています!


さあ、競馬JAPANが新たなステージへ!
この冬より新しく・ブログを開設
『馬券の現場力』バリアゲ↑↑養成所



競馬JAPAN編集部が皆様と共に「馬券の現場力」を3倍高めるべく、日々精進していくための場としてオープン。今後の展開にぜひご注目ください!





プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。