競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 三冠目奪取に待ったなしアーモンドアイ
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

万券連発の年末年始開催を徹底攻略!

年明けはドル箱開催!水上学14人気◎⇒大万馬券!獲れる根拠は? ──昨年、一昨年のプレミアム予想...
続きを読む

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のチャンピオンズCはM.デムーロ騎手が騎乗した3歳馬のルヴァンスレー...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年10月11日(木)更新

三冠目奪取に待ったなしアーモンドアイ

秋華賞のテーマは唯一に絞られている。要するに、アーモンドアイの三冠成るか否か。普通なら前哨戦を経てということになるし、実際に同じ国枝厩舎でトリプルクランを達成した2010年のアパパネはローズSでの一叩きがあった。

唯、間隔を開けての臨戦なら桜花賞がそうであった。目論見通りなのは、1週前のウッドが示す通り。何と、古馬OP追走しての6F追いで、直線に向いても余裕綽々。1F地点でも2馬身あった差を覆しての1馬身先着だったのだから恐れ入る。また、直前は大方の期待を裏切って坂路を選んだが、そこでも4F49秒7の快時計をマーク。

確かに、一杯追いなしでの臨戦で、坂路で時計を出したのはデビューからの2戦の中間のみ。とはいえ、当時とは全く違うのは張りつめた馬体に表れている上に、同世代との勝負づけは済んでいる。勿論、目一杯の仕上げではないが、8分に近ければOKという能力、それ以上なのだから盤石。

関屋記念で大外一気を決めたプリモシーンは万全の態勢。間隔を開けてのリフレッシュで、夏場以上のハリを誇っているのが何より。放牧先で調整を進めて美浦では感触を確かめる程度というパターンも確立されているから謂わばルーティーン。とはいえ、4F行き出しの最終追いは最内から図ったように並びかけての同時入線で、ラストに至って11秒8と抜群の切れ。その反面、やはりベストはマイルと決めつけて良いのでは。ユッタリと構えて運びたいだけに、長い直線が必須といった点でも割り引きたい。

他の追随を許さぬヒロインに対して負かすのは困難であっても、ひと夏超えての成長を実感できる馬を相手の一角として挙げておきたい。パイオニアバイオだ。関西圏への輸送を考えれば、先週の6F追いで完結しても良かった。にも関わらず、直前でも5F67秒1で追い比べになったラストでシッカリと伸びて先着。細身の体は相変わらずだが、密度が高くなった分、ストライドに力強さが加わっているのだ。紫苑Sは内で動くに動けぬ形に。唯、ゴール前は実に鋭く、メリハリをつけられるようになった側面も。勿論、フラットな京都内回りは体型的にもプラスに働こう。

GⅠ当日、西下する馬で取り上げておきたいのが、三年坂特別のロシュフォール。ハンデ面の恩恵は1キロ相当で相手強化が明確となる中、それでも性能の違いからあくまでも通過点にしかならない。何せ、前走は1000m通過が60秒を超えるスローで4角15番手と絶望的な位置。そこからの脚が桁違いだった上に、余力あっての2馬身半差。磨きのかかった稽古の動きから底知れなさを感じるまでに。殊に、最終追いは3頭縦列の最後尾からでラスト100mからの迫力が満点。他2頭のレベルが高かっただけに、既にOPの風格さえ漂っていた。木村厩舎ということなら秋華賞のプリモシーンよりこちらが目玉になるのでは。

土曜は来年のダート戦線を占う意味で重要なプラタナス賞をピックUP。ここでの主役はガルヴィハーラ。デビュー戦の2角までは走る気を感じさせなかったが、ルメールが気合いをつけてのエンジン点火後は独壇場。まだ全体に相当緩いのを承知で推奨したが、こちらの見立て以上であった。今回の直前は単走でしまい重点、4F55秒0に過ぎなかったが、馬がゴール板を承知しているかのようなラストのアクションで、それが実戦を経た効果。同厩の3歳、ルヴァンスレ―ヴの後を追う。

同じ中山ダート1800で勝ち上がったダイシンインディーは、ガルヴィハーラの1週後で1分53秒8の好時計をマーク。デビュー前からダートでこそと思わせていた通りのパフォーマンスだったし、Dコースでの追い切りも5F67秒3で楽々先着と派手。しかし、徐々に加速するタイプでピッチの落ちないワンターンの設定はどうか?そこで本線にしたいのがロークアルルージュ。前走、函館入りしてからは目の当たりにできなかったが、美浦での調整を見る限り、叩き良化型といった鈍重さが。脚抜きの良い馬場、コーナーで窮屈そうな素振りと楽な状況でなかったにも関わらずの完勝が立派。一息入れたが、むしろスッキリといた印象での帰厩だった。それが、1600万下を相手に1馬身追走しながらの併入という質UPに繋がっている。パワーがモノを言う中央場所でこその馬。

日曜は最終レースの1000万特別でムスコローソ。2週連続で3頭併せをこなしたように鍛錬に余念がない。確かに、直前は最内に脚色で劣っての僅かな遅れだったが、相手が来週の菊花賞に臨むフィエールマンであれば仕方ない。むしろ、スッキリした腹目ながら、トモの蹴りが強く推進力が並大抵ではない点に惹かれた。3F40秒を超える時計でも急激に雨が強くなった時間帯で、前日より1秒以上は時計を要する馬場。つまり、数字的にも十分である。鼻出血明けで緩い造りだった夏・福島とは雲泥の差だし、広い府中はお手の物。グランドボヌールが引っ張る流れで追走もよりスムーズになる。

新馬は土曜4Rから。ここはラストクローザー。権利持ちということで出走が1週延びた分、動きが一気に良化。乗り出しの頃は馬が若くてムラが目立ったが、額面上の遅れだった最終追いは大きく追走して追いつかなかっただけ。3頭の中では最速の5F66秒3が非凡さを物語っている。特に、前に馬を置く形でも集中力を切らさなかったのは収穫で、豪快なフットワークが何よりの魅力。

3週のみの開催となる新潟がスタート。そこでの推奨はやはり名物の直線競馬で土曜12Rから。関東への移籍初戦となるリュウドカズマを狙い撃ち。輸送を控えての土曜使いだけに、水曜に最終調整を済ましたが、3頭併せの最外で余裕の手応えに終始。入厩当初から500万下とは思えなかった印象そのまま。他2頭が2歳だったとはいえ、いずれも厩舎のホープと見做される馬だったことに期待が伝わってくる。昇級してからは振るわぬが、小回りが似合わぬ大きな飛びであれば仕方ない。3走前にしても直線入り口での圧倒ぶりとは裏腹にゴール前で際どく迫られた。つまり、小細工なしで運べること、当時からの1F短縮で真価発揮。

栗田徹厩舎でもう1頭、土曜7Rのチビノヴァルタン。最後に選んだのはポリで感触を確かめる程度の4F55秒9だったが、前に進みたくて仕方ないといった雰囲気で正面を駆け抜けた。気合い乗り◎で動きが実にスムーズ。1週前、先のリュウドカズマ相手に質の高い稽古を消化した効果が覿面で仕上がり◎。当コースに実績がないのは、短距離を使っていた故。活躍の場を見出した今、北海道での一連を素直に評価すべき。


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN