競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 秋華賞は雨中の芝重か……【今週の馬場傾向予測】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 【日曜京都11R 秋華賞(G1)】 (芝2000m 15:40発走) ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 親爺と2~3人の板前と仲居で切り盛りする「頑鉄」と違って首都圏に22もの店舗...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2017年10月14日(土)更新

秋華賞は雨中の芝重か……【今週の馬場傾向予測】

本州の南側に秋雨前線が停滞し、大きな雲が列島を包んでいる。東京と京都は土曜の開催中は曇りで夕方ごろから雨が降り始め、引き続き日曜も雨になりそう。新潟は土日とも曇りだが雨は降らない見込み。


【東京芝】


■芝の状態上々も含水多めで力が要る。やや差し有利、やや外有利


《Aコース2週目》

先週は金曜の夕方から土曜の朝にかけて約55ミリ降った。それによって3Rが重になったが、早くも5Rには稍重になり、日曜のアサイチには良に回復した。掛け値はなさそうで、時計も速かった。土曜は0.2秒前後速く、日曜は0.4秒前後速く、月曜は0.8秒前後速かった。土曜の時点で土飛びもほとんどなく、今年の東京の芝の良さがうかがい知れる。

引き続き今週も雨がちの開催になりそう。金曜は一日中小雨が降り続き、さらに土曜の朝に20ミリ程度降った。朝の馬場発表は稍重だが含水率は高め。この先は曇りまたは小雨で、このままの馬場状態が続くと想定する。タイム差なし前後の時計を想定する。

日曜は朝から雨が降り続く一日になりそう。中間芝が乾く暇もなく、稍重→重という推移を想定し、0.5秒前後遅い時計を想定する。

秋の東京ではよくあることとはいえ、2週続けて雨の競馬になれば芝の負荷は相当なもの。今週も外差しの競馬が多くなりそう。やや差し有利、やや外有利。



【東京ダート】


■含水量高めで締まった速いダート。先行差し互角、外有利


先週は金曜の夕方から土曜の朝にかけて約55ミリ降った。土曜は1・2Rが不良、それ以降は重で、3.2秒前後速かった。日曜は1・4Rが重、それ以降は稍重で、2.2秒前後速かった。月曜は7Rまで稍重で、11R以降は良に回復したが、時計は2秒前後速かった。

今週は金曜から土曜の朝までに20ミリ程度降った。土曜の開催中は曇りまたは小雨で強い雨はなさそうだが、不良スタートで、土曜中に重まで回復するかどうか微妙。2.5秒前後速い時計を想定する。

日曜も朝から雨が降り続きそう。一日中不良と想定する。ただし強い雨や風などはなさそうで、3秒前後速い時計を想定する。先行差し互角、外有利。



【京都芝】


■土曜は標準的な良→日曜はたっぷり含水した重。逃げ・先行やや有利、やや内有利


《Aコース2週目》

先週は金曜の午後から土曜の午前中にかけて合計30ミリ程度の降水があった。土曜は一日中重でタイム差なし前後の時計だった。日曜は2・3Rのみ稍重で、それ以降は良で行われた。0.5秒前後速い時計だった。月曜はスローペースばかりで判定不能だが、おおよそ0.7秒前後速い時計だったと考える。

今週は金曜日に多少小雨がパラついた程度。土曜もおおむね曇りで小雨がパラつく天気が予想される。含水多めの良も、もともとの芝の状態がいいのでそれほど遅くならない。0.5秒前後速い時計を想定する。

土曜の開催終了後に再び降り出し、日曜もそのまま雨が降り続きそう。メインレース頃には一定量の降水になりそうで、重までで止まれば御の字。いくら芝の状態がよくても2週続けての雨の競馬で、芝はかなり軟らかくなりそう。0.8~1.2秒前後遅い時計を想定する。逃げ・先行やや有利、内外互角。


今週は秋華賞。例年なら古馬500万で上位に来る馬でも穴馬になることがあるが、今年は古馬1000万を勝った馬が7頭もいる。きわめてハイレベルの一戦といえる。

雨中の芝重での競馬になりそう。ステップレースのうち、パンパンの良だったのはオークスと紫苑S。それに対して桜花賞は稍重、ローズSは良だったが、朝のうち稍重だった日で、時計的にもやや遅めだった。であればオークスと紫苑Sの上位馬を軽視し、ローズS、桜花賞の上位馬を重く見る方法があるハズ。

中心はカワキタエンカ、相手はレーヌミノル、ラビットラン、メイショウオワラ、リスグラシュー、タガノヴェローナ、ミリッサ。




【京都ダート】


■土曜は含水高めの良、日曜は重でいずれにせよ速いダート。やや先行有利、やや内有利


先週は金曜の午後から土曜の午前中にかけて合計30ミリ程度の降水があった。土曜は一日中不良で2.3秒前後速かった。日曜は一日中重で1秒前後速かった。月曜は一日中稍重で0.3秒前後速かった。

今週は金曜に小雨が降ったため、土曜は多少含水ある良を想定し、0.2秒前後速い時計を想定する。土曜の夜に再び雨が降りそうで、日曜も降り続きそう。重前後と想定し、1秒前後速い時計を想定する。やや先行有利、やや内有利。



【新潟芝】


■夏の状態がそのまま持ち越される。やや外有利、やや差し有利


《Aコース1週目》

例年のことだが夏の新潟は雨に当たることが少ない。今年の夏の新潟6週12日間のうち、稍重以上になったのは3日だけ。それでも例年より多いくらいだが、最終的な芝の傷みは少なく、時計面でも最初から最後まで大きく変わらなかった。

3回新潟は3週とも2回新潟で6週間使われたのと同じAコースが使われる。この開幕週は、基本的には2回新潟の最終週の芝の状態の持ち越しと考えるべきだが、今年は8月の日照が少なかった代わり、9月の日照が多く、気温が高かった。まだ2回新潟が終わってから5週程度しか経ってないが、芝の状態が多少盛り返している可能性もある。ただし1カ月強のインターバルの間にエアレーション作業を行ったため、芝はさらに軟らかい力の要る状態になっているはず。

今週は金曜日の朝に12ミリ降った。土日に降雨はなさそうだが、曇りで気温も多少下がっている。土日とも含水多めの良と想定する。2回新潟の後半よりも多少遅くなると考えて、タイム差なし前後の時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



【新潟ダート】


■やや含水多めで速めのダート。やや内有利、先行有利


金曜日の朝に12ミリ降り、土日は曇り。含水は多めだが今季の新潟ダートは含水多めでも時計がそれほど速くならないのが特徴。土曜は稍重でタイム差なし前後の時計を想定する。日曜は良で0.3秒前後遅い時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。