競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【馬場予報】雨だけじゃない!風にも要注意
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋の東京・京都攻略ガイド

サムネ画像秋の東京・京都は、秋華賞、菊花賞のクラシック最終戦に始まり、古馬の頂上決戦である...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 前回予定(10月24日)していた飲み会をドタキャンしただけに「立冬」のこの日...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 現役最年長ジョッキーの柴田善騎手。 今週の日曜はマイルCSの裏の東...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2019年08月10日(土)更新

【馬場予報】雨だけじゃない!風にも要注意

台風の動向が気になる頃。金曜に札幌に雨を降らせたのは台風8号から変わった低気圧だった。だが台風9号は西に逸れ、台風10号は今週末はまだ遠い。

小倉と新潟は土・日ともカンカン照りの真夏日。札幌は曇り(ときどき小雨?)。小倉は東風がやや強く、札幌は南東の風がやや強い。


【新潟芝】


■Aコース3週目でもほぼ新品同様の速い芝、先行差し互角、やや外有利。


《Aコース3週目》

先週は月曜と火曜に0.5ミリずつ降った。その後は晴れたが水曜以降は連日散水していた。土曜は0.5秒前後速い時計だった。日曜はスローペースが多かったため、平均時計はもっと遅いが、前日同様と考えて、やはり0.5秒前後遅い時計を想定する。

先週の時計は予想よりだいぶ遅かったが、初日に速い時計が出たのは北東方向からの風(ゴール前直線で追い風になる風)の影響が大きかったのかもしれない。

予想された事態とはいえ、連日最高気温34℃近い猛暑日が続いている。芝の状態は最高だが馬と人に影響が出ないか心配。

先週の水曜からずっと雨が降っていない。週末もほぼ高温の晴れ日になりそう。土・日とも乾き気味の良を想定し0.5秒速い時計を想定する。日曜もほぼ同様の良で1.3秒前後速い時計を想定する。風は土・日とも弱い東風(ゴール前直線で斜め追い風)が吹きそう。その影響で多少時計が速くなるかも。先行差し互角、やや外有利。



【新潟ダート】


■カラカラだが路盤の平坦さが増して速めのダート。やや外有利、先行差し互角


先週は月曜と火曜に0.5ミリずつ降り、その後は晴れた。砂がよく乾き土・日ともほぼカラカラの状態。土・日とも0.3秒前後速かった。

カラカラなのに時計が比較的速いことについては、今開催前に路盤の部分補修をしているので、路盤の平坦さが増している効果だろう。

先週の水曜からずっと雨が降っていない。ほぼ週末同様のカラカラ・ダートになりそう。土・日とも0.3秒前後速い時計を想定する。風は土・日とも弱い東風(ゴール前直線で追い風)が吹きそう。やや外有利、先行差し互角。




【小倉芝】


■シャタリングの効果でやや軟らかめな芝、やや先行有利、内外互角


《Aコース3週目》

先週は月曜に1.5ミリ、火曜に12.5ミリ降り、それ以降は晴れ。週前半の雨の影響はほとんどなく、土・日とも0.1秒前後遅い時計になった。

予想よりも時計がだいぶ遅い。JRA-HPの芝の写真を見ても、3コーナーの内側の芝がやや白くなっている様子が見える。今の時期オーバーシードはしてないので、色の変化は芝の傷みを表しているハズ。今の時期の芝にしては傷みが早いのでは、という気もするが、夏の小倉は芝のレース数がやたら多いので、シャタリング等で積極的に軟らかくした芝ではこんなものなのかもしれない。

今週の中間は台風9号の影響で火曜に52ミリ降った。だがそれ以降は晴れ。早くも翌日に散水していたくらいだから、週末まで含水が残ることはなさそう。土・日とも乾き気味の良を想定し、0.2秒前後遅い時計を想定する。土・日とも東南東の風(ゴール前直線で向かい風)がやや強そうだが、台風9号と台風10号の位置関係次第で風向きには変化がある。やや先行有利、内外互角




【小倉ダート】


■乾き気味の良で多少時計のかかるダート。やや先行有利、内外互角


先週は月曜に1.5ミリ、火曜に12.5ミリ降った。土・日は晴れ、土曜はタイム差なし前後の時計で、日曜は0.6秒前後遅かった。土・日とも風は弱かった。

土曜より日曜のほうが砂が乾くことは間違いないが、ここまで時計が動くのは不自然。もともと夏の小倉はダート戦が少なく、時計が評価しづらいが、とくに日曜は4戦中2戦が牝馬限定戦だった影響がありそうだ。そこで少し補正して0.3秒前後遅かったものと考える。

今週は台風9号の影響で火曜に52ミリ降った。その後は晴れ。週末も晴れそう。先々週・先週よりは多少含水が高いと考えて、土曜は良で0.3秒前後速く、日曜は良でタイム差なし前後の時計を想定する。土・日とも東~東南東の風(ゴール前直線で斜め追い風)が吹きそう。やや先行有利、内外互角。



【札幌芝】


■状態上々だが直前の雨で含水一気に上がりやや遅い洋芝、内有利、先行差し互角


《Aコース3週目》

先週は1週間雨が降らずに週末を迎えた。土曜は良で0.9秒前後速く、日曜は良で0.7秒前後速かった。土曜はやや強めの北風(ゴール前直線で向かい風)、日曜は弱い東南東の風(ゴール前直線で横風)が吹いていた。平均時計は土・日とも同じ程度だったが、土曜の風は時計に影響すると考えて、0.2秒補正した。

先週の時計はほぼ先々週同様で、やはり今年の札幌の芝はシャタリングを省いたことで0.5秒くらい速くなっている感じ。もともと洋芝の時計はそれほど速くないし、個人的にはこれで十分だと思う。

というのは、最近の札幌開催は雨に当たることが多くなっているようだからだ。先週の雨もそうだが、とくに台風が勢力を保ったまま北海道までやってくるようになった。その大雨に当たると軟らかくした洋芝だとちょっと持たない感じだ。

今週は台風8号から変わった低気圧の影響で木曜に22ミリ、金曜の朝に7ミリ、さらに金曜の夜から土曜の早朝にかけて10数ミリ降ったようだ。週末は気圧の谷の中にあるため土・日とも曇りで、この先も追加で多少雨が降る可能性はある。

土曜は稍重を想定し、1.5秒前後遅い時計を想定する。日曜は引き続き曇りで稍重→良という推移を想定し、0.5秒前後遅い時計を想定する。内有利、先行差し互角。



【札幌ダート】


■土曜朝の雨で含水率多めの速いダート。やや先行有利、やや内有利


先週は1週間雨が降らずに週末を迎えた。土曜は良で0.5秒前後速く、日曜は良で0.7秒前後速かった。これも芝と同様に風向きを考えて土曜の時計を0.3秒速く補正している。

今週は木曜に22ミリ、金曜に7ミリ降った。さらに金曜の夜から土曜の早朝にかけて10数ミリ降ったようだ。土曜は曇りで不良を想定し、1.5秒前後速い時計を想定する。日曜も引き続き曇りで重を想定し、1.2秒前後速い時計を想定する。やや先行有利、やや内有利。



城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN