競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【馬場予報】札幌は風にも要注意
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

年末年始・徹底討論会

サムネ画像そろそろ12月。今年の競馬も残り1開催を残すのみとなりました。今回は、2019年...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 前回予定(10月24日)していた飲み会をドタキャンしただけに「立冬」のこの日...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回取り上げた柴田善騎手。先週は土曜福島メインのサンアップルトンで勝利。...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2019年08月24日(土)更新

【馬場予報】札幌は風にも要注意

今年は太平洋高気圧の勢力が弱いらしく、早くも秋雨前線ができている。金曜の新潟は前線の真下で雨だったが、前線の南下に伴い、土曜以降の新潟は晴れ。

札幌は低気圧の接近で金曜に雨が降ったが週末は曇り。土・日ともやや北西の風(ゴール前直線で向い風)が強そう。

週末の小倉は前線に近く、台風11号から湿った空気も送り込まれる。そのため土・日を通じていつ雨が降っても不思議ではない状況。


【新潟芝】


■土曜は内回りの内めが緩んでやや伸びづらいかも。先行差し互角、内外互角


《Aコース5週目》

先週は金曜に9ミリ、土曜に3ミリ降ったが、芝はそこそこ乾いていた。芝は土・日とも良でタイム差なし前後の時計だった。

先週のこの欄で「使い込んで行っても傷みがあまり見えないが、どのレースも大きめの馬番の好走が目立つ。それなりに内が傷んできていることは間違いない」と書いたが、先週は小さめの馬番が盛り返していた。またレースの映像を見ても、内の芝がしっかり残っていることが確認できた。新潟の芝コースの場合、ある程度内外でばらけるのが普通なので、内が傷んできた、というジャッジは勇み足でした。申し訳ない。

今週は月曜から毎日小雨が降り続いていて、金曜にさらに50.5ミリ降った。だが前線が南下して離れるので、この先はおおむね晴れ。土曜は稍重→良という推移を想定し、0.5秒前後遅い時計を想定する。前述したように芝の状態は悪くないが、内回りコースに限っては、内めはやや含水の影響を受けそうで、やや外有利か。外回りコースはどっちにせよ外に持ち出し気味になるので、内外の差はほとんどないハズ。

日曜は芝が乾くことを想定し、良でタイム差なし前後の時計を想定する。風は土・日とも弱めの西風(ゴール前直線で向い風)で、時計への影響はあまりなさそう。先行差し互角、内外互角。



【新潟ダート】


■金曜の雨でたっぷり水含んだ速いダート。内外互角、やや先行有利


先週は金曜に9ミリ、土曜にも3ミリ降った。だが時計はカラカラの状態だった先々週までと比べてもとくに速くならず、土曜は0.4秒前後速く、日曜は0.1秒前後速かった。

今週は金曜に50.5ミリ降った。土曜は晴れ、重を想定し、1.3秒前後速い時計を想定する。日曜は曇りで稍重を想定し、0.8秒前後速い時計を想定する。風は土・日とも弱い西風(ゴール前直線で追い風)が吹きそう。内外互角、やや先行有利。




【小倉芝】


■緩い馬場だがBコース替わりで内がよくなっている、やや内有利、先行差し互角


《今週からBコース》

先週は水曜に11ミリ、木曜に44ミリ、金曜に1ミリ降った。土曜は晴れ、良で0.3秒前後遅かった。日曜は曇りの良で1秒前後遅かった。

土・日とも風は弱く、土曜と日曜の時計の差は、芝の傷みの進行によるものと考える。木曜の雨でやや内が緩んでいたので、土曜の競馬で内の傷みが進んだのだろう。

今週は秋雨前線に由来する雨が、火曜に54ミリ、水曜に6ミリ、木曜に1.5ミリ、金曜に3.5ミリ降った。また週末の小倉は前線に近く、台風11号からも湿った空気が送り込まれるので、いつ雨が降っても不思議ではない感じ。ある程度まとまった雨が降った場合、Bコース替わりでも内有利の状況は保てなさそうだが、現時点ではこの先まとまった雨は降らないと想定する。

土曜は曇り・含水多めの良を想定し、0.3秒前後遅い時計を想定する。土曜の競馬終了後に雨が降ると考えて、日曜もほぼ同じ馬場状態を想定し、0.3秒前後遅い時計を想定する。土・日とも風は弱そう。やや内有利、先行差し互角。




【小倉ダート】


■しっぽり濡れた速めのダート。やや先行有利、内外互角


先週は水曜に11ミリ、木曜に44ミリ、金曜に1ミリ降った。土曜は晴れ、重で1.4秒前後速かった。日曜は稍重で0.6秒前後速かった。

今週は火曜に54ミリ、水曜に6ミリ、木曜に1.5ミリ、金曜に3.5ミリと降り、砂が乾く暇がなかった。土曜は稍重→良という推移を想定し、0.5秒前後速い時計を想定する。土曜の夜に追加で雨が降ることを想定し、日曜も稍重→良という推移を想定して0.5秒前後速い時計を想定する。土・日とも風は弱そう。やや先行有利、内外互角。



【札幌芝】


■状態上々だが含水多めで多少時計がかかる洋芝、やや内有利、先行差し互角


《Cコース2週目》

先週は金曜から土曜の早朝にかけて16.5ミリ降った。土曜の開催中は晴れ、2Rまで稍重、5R以降良で、0.1秒前後遅い時計だった。日曜は良で、0.5秒前後遅い時計だった。土曜より日曜のほうが時計が遅かったのは風向きの影響もあるか。

先週からCコース替わり。金曜にそれなりの雨量が降ったにも関わらず、内の傷みはほとんど見えなかった。内を突いた馬が好走していたし、結果的に内の馬番が活躍していた。

今週は火曜に18ミリ、金曜に15ミリ降った。これで3週続けて週の後半に同じ程度の雨量の雨が降ったことになる。今週はCコース替わり2週目なので、先週よりは内が傷んでいるかもしれないが、芝の状態がよさそうで、目立って内傷みということはないハズ。

土曜は曇り、稍重→良という推移を想定し、0.2秒前後遅い時計を想定する。日曜も曇りの良を想定し、0.3秒前後速い時計を想定する。土・日とも北西の風(ゴール前直線で向い風)が吹き、それがちょっと時計を遅くしそう。やや内有利、先行差し互角。



【札幌ダート】


■含水多めで速いダート。やや先行有利、やや内有利


先週は金曜の午後から土曜の早朝にかけて16.5ミリ降った。土曜は6Rまで重で、8R以降が稍重だった。土曜は1.2秒前後速かった。日曜は6Rまで稍重、8R以降は良で0.4秒前後遅かった。土曜の時計と比べて日曜の時計がぐんと遅くなったのは、晴れて砂の乾きが早かったことに加えて、芝と同様に風向きのせいもあると思う。

今週は火曜に18ミリ、金曜に15ミリ降った。先週とちょうど同じような降り方で、かつ風向きが先週の日曜と同じ(北西向きの風=ゴール前直線で向い風)になりそう。土曜は曇り、不良→重という推移を想定し、0.8秒前後速い時計を想定する。日曜は曇り、稍重→良という推移を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。やや先行有利、やや内有利。



城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN