競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【チャンピオンズC】豪腕ムーアに導かれゴールドドリームが中央G1連覇達成!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年12月03日(日)更新

【チャンピオンズC】豪腕ムーアに導かれゴールドドリームが中央G1連覇達成!

ニュース提供:競馬ラボ

ゴールドドリーム

12月3日(日)、4回中京2日目11Rで第18回チャンピオンズカップ(G1)(ダ1800m)が行なわれ、R.ムーア騎手騎乗の8番人気・ゴールドドリーム(牡4、栗東・平田厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:50.1(良)。

2着にはクビ差で1番人気・テイエムジンソク(牡5、栗東・木原厩舎)、3着にはクビ差で9番人気・コパノリッキー(牡7、栗東・村山厩舎)が続いて入線した。

アポロケンタッキーが取り消して15頭でのレース。最内枠に入ったコパノリッキーが先手を主張。1番人気のテイエムジンソクがピッタリと2番手に取り付いて向こう正面へ。ケイティブレイブ、ロンドンタウンが3番手で並び、アウォーディーは中団前めの外。それを見るようにカフジテイクが追走し、ゴールドドリームはその内で脚を溜める。そしてサウンドトゥルーはその直後から終い勝負にかける。
4コーナーで馬群はギュッと凝縮し最後の脚比べ。逃げるコパノリッキーにテイエムジンソクが詰め寄り2頭が一騎討ち。ケイティブレイブもジリジリ差を詰めるが、伸びはひと息。残り100mでテイエムジンソクがいよいよコパノリッキーを交わしにかかったところで、外からゴールドドリームが急追。アッという間に2頭を飲み込んでゴールに飛び込んだ。

勝ったゴールドドリームは、2月のフェブラリーSに次ぐ2つ目のG1制覇。4歳早々でのビッグタイトル勝利で、いよいよ世代交代かと思われたが、フェブラリーSのあとドバイWC14着、帝王賞7着、南部杯5着と見せ場なく敗れ、今回は8番人気と支持は大きく下落。しかし、先週7勝、土曜日もステイヤーズSを制するなど、調子を上げてきたR.ムーア騎手の手腕に導かれてJRAのG1舞台で鮮やかに復活。今度こそ世代交代が期待される。
馬主は吉田勝己氏、生産者は安平町のノーザンファーム。馬名の意味由来は「金の夢」。

【R.ムーア騎手のコメント】
「前にG1を勝っているので、今回も中央で2つ目のG1を勝てて、力を見せることができたと思います。ゲートの中では落ち着きがなかったですけど、それなりに出てくれていい位置が取れて、スムーズに運べました。最後の直線もすごい脚で頑張ってくれたので、いい競馬を見せることができました。先ほども言ったとおり、同じ年にフェブラリーSとチャンピオンズCを勝つのはなかなか簡単なことではないと思います。それだけの実力の持ち主で、まだ若いのでこれから成長するでしょうし、もっともっと活躍を期待しています」

チャンピオンズカップの結果・払戻金はコチラ⇒

  • ゴールドドリーム
  • (牡4、栗東・平田厩舎)
  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:モンヴェール
  • 母父:フレンチデピュティ
  • 通算成績:13戦6勝
  • 重賞勝利:
  • 17年チャンピオンズC(G1)
  • 17年フェブラリーS(G1)
  • 16年ユニコーンS(G3)

ゴールドドリーム
ゴールドドリーム

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。