競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【AJCC】骨折明け、約1年ぶり実戦のシャケトラが重賞2勝目!角居師が復帰後初V
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【必見】春の東京・京都を徹底解説

サムネ画像桜花賞、皐月賞とクラシック第一弾が終われば、次なる舞台は東京・京都!幅員が広く、...
続きを読む

【必見】GIウィーク攻略法

サムネ画像上位拮抗の桜花賞1強ムードの皐月賞いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 桜花賞のグランアレグリアに続き、先週の皐月賞もルメール騎手が騎乗したサー...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年01月20日(日)更新

【AJCC】骨折明け、約1年ぶり実戦のシャケトラが重賞2勝目!角居師が復帰後初V

ニュース提供:競馬ラボ

シャケトラ

1月20日(日)、1回中山7日目11Rで第60回アメリカジョッキーC(G2)(芝2200m)が行なわれ、石橋脩騎手騎乗の7番人気・シャケトラ(牡6、栗東・角居厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:13.7(良)。

2着にはアタマ差で1番人気・フィエールマン(牡4、美浦・手塚厩舎)、3着には3/4馬身差で5番人気・メートルダール(牡6、美浦・戸田厩舎)が続いて入線した。

ペースを握ったのはステイインシアトル。これにジェネラーレウーノ、ミライヘノツバサ、ダンビュライトと先行勢が続く。これを見ながらシャケトラ、マイネルミラノ、フィエールマンが中団を形成。そしてメートルダール、サクラアンプルール、アクションスター、ショウナンバッハが後方集団。
1000m62.2秒とスローペースで、流れが早くなったのは残り800m付近から。依然としてステイインシアトルが先頭で、その外からジェネラーレウーノ、シャケトラ、メートルダールが迫り、フィエールマンもその直後でスペースを伺う。直線に入ると、先に抜け出したのがシャケトラで、外のフィエールマン、メートルダールの追い比べ。最後までしぶとく伸びたシャケトラが押し切った。

1着 シャケトラ(石橋騎手)
「いいチャンスをいただけました。先生からは身体はできていると聞いていましたし、勝つイメージで乗りました。4コーナーからも素晴らしい動きでしたし、手前を変えてからいい伸びを見せてくれました。いい馬と聞いていたので楽しみにしていましたが、1年ぶりでこの競馬は能力がありますね。この先楽しみです」

勝ったシャケトラは、3歳6月の未勝利戦で初勝利を挙げ、翌17年の日経新春杯(G2)で2着、続く日経賞(G2)で重賞初勝利。以降のG1では馬券圏内こそなかったが、宝塚記念4着、有馬記念6着など力を見せていた。18年春に骨折が判明し、結果的に1年以上も実戦から遠ざかっていた。馬主は金子真人ホールディングス株式会社、生産者は安平町のノーザンファーム

アメリカジョッキーCの全着順・払戻金はコチラ⇒

  • シャケトラ
  • (牡6、栗東・角居厩舎)
  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:サマーハ
  • 母父:Singspiel
  • 通算成績:12戦5勝
  • 重賞勝利:
  • 19年アメリカJCC(G2)
  • 17年日経賞(G2)

シャケトラ
シャケトラ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。