競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【TCK女王盃】森泰斗騎手騎乗のビスカリアが直線突き抜け圧勝!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

3分で分かる!儲けPOINT3段活用

サムネ画像早いもので夏競馬も折り返し地点を迎えます。開催は函館→札幌、福島→新潟、中京→小...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 今でこそ国道15号線につながる陸橋など新しい道ができたけど、以前の「...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回のコラムで取り上げた川島騎手は関屋記念でミエノサクシードに騎乗し2着...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年01月23日(水)更新

【TCK女王盃】森泰斗騎手騎乗のビスカリアが直線突き抜け圧勝!

ニュース提供:競馬ラボ

ビスカリア

1月23日(水)、大井競馬場11Rで行われた第22回TCK女王杯(Jpn3)(4歳上 別定 1着賞金2200万円 ダート1800m)は、森泰斗騎手騎乗の6番人気・ビスカリア(牝7、栗東・山内厩舎)が道中内ラチ沿いを走ると、4コーナーで3番手まで進出。直線で前を捉えるとそのまま突き放して優勝した。勝ちタイムは1:53.3(良)。

2着に5馬身差で9番人気・マルカンセンサー(牝4、大井・高野毅厩舎)、3着には1馬身3/4差で1番人気・ラビットラン(牝5、栗東・角居厩舎)が続いた。

勝ったビスカリアは父ヴァーミリアン、母フサイチジェット、母父はギルデッドタイム、半兄にJRAで5勝を挙げてオープンまで出世したシンキングマシーンがいる血統。14年秋にデビューすると、4戦目で初勝利。着実に出世を重ね、昨年のJBCレディスクラシックでも6着に健闘していた。準オープン所属ながらこれが嬉しい重賞初勝利となった。

馬主はノルマンディーサラブレッドレーシング、生産者は新ひだか町の岡田スタッド。

ビスカリア
(牝7、栗東・山内厩舎)
父:ヴァーミリアン
母:フサイチジェット
母父:ギルデッドタイム
通算成績:47戦5勝
主な重賞勝ち:19年TCK女王盃(Jpn3)

ビスカリア
ビスカリア
ビスカリア
ビスカリア

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。