競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 無敗のG1馬サートゥルナーリアは皐月賞直行!…次走報
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【必見】春の東京・京都を徹底解説

サムネ画像桜花賞、皐月賞とクラシック第一弾が終われば、次なる舞台は東京・京都!幅員が広く、...
続きを読む

【必見】GIウィーク攻略法

サムネ画像上位拮抗の桜花賞1強ムードの皐月賞いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 桜花賞のグランアレグリアに続き、先週の皐月賞もルメール騎手が騎乗したサー...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年01月23日(水)更新

無敗のG1馬サートゥルナーリアは皐月賞直行!…次走報

ニュース提供:競馬ラボ

サートゥルナーリア

昨年、ホープフルSを無敗のまま制し、サートゥルナーリア(牡3、栗東・角居厩舎)の次走が4月14日(日)の皐月賞(G1)となることを、23日、オーナーであるキャロットクラブがホームページで発表した。

すでにホープフルSで長距離輸送、中山の2000mを経験しているため、角居調教師含め関係者間で協議を行った結果、中山のトライアルを使う必要はないと判断されたことから、皐月賞へ直行する。なお、春のクラシックの鞍上はクリストフ・ルメール騎手になることは既に発表されている。

近年ホープフルSから皐月賞に直行した馬では後のダービー馬レイデオロがいるが、皐月賞は5着。86年以降、前走が前年だった馬は皐月賞を制していないだけに、サートゥルナーリアが歴史を変えるかどうかに注目が集まりそうだ。