競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【京都記念】ダンビュライトが大接戦を制して重賞2勝目 松若とは3戦全勝!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

【東大卒】水上学が大暴れ!

サムネ画像中期的馬券プラン「戦略的集中プロジェクト」で特別鞍を提供した水上学。改めて切れ味...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のフェブラリーSは、武豊騎手が騎乗したインティが逃げ切り勝ちを決めま...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年02月10日(日)更新

【京都記念】ダンビュライトが大接戦を制して重賞2勝目 松若とは3戦全勝!

ニュース提供:競馬ラボ

ダンビュライト

2月10日(日)、2回京都6日目11Rで第112回京都記念(G2)(芝2200m)が行なわれ、松若風馬騎手騎乗の6番人気・ダンビュライト(牡5、栗東・音無厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:14.8(良)。

2着にはクビ差で1番人気・ステイフーリッシュ(牡4、栗東・矢作厩舎)、3着にはクビ差で2番人気・マカヒキ(牡6、栗東・友道厩舎)が続いて入線した。

タイムフライヤーがハナを切ってゆったりとしたペースを形成。ダンビュライトが2番手、パフォーマプロミスが3番手と同じ勝負服がレースを引っ張る。前半1000mを迎えるところで、ブラックバゴが一気に動いてペースアップ。坂の下りで馬群がグッと凝縮され直線の攻防へ。
逃げたタイムフライヤーを交わしてブラックバゴが先頭に立つが、そのすぐ外からダンビュライトが並びかけてブラックバゴを競り落とす、外からステイフーリッシュも差を詰めるがクビ差振り切ったところがゴール。1着から7着までコンマ2秒差の大接戦を制した。

勝ったダンビュライトは、昨年のアメリカJCC以来の勝利で、重賞2勝目。2歳時からオープンで好走し、クラシックも皐月賞3着、ダービー6着、菊花賞5着。古馬になってからも大崩れすることなく、世代トップクラスの力を示していた。コンビを組んだ松若騎手とは3戦全勝。春は大舞台での走りも期待される。
馬主は有限会社サンデーレーシング、生産者は安平町のノーザンファーム

京都記念の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • ダンビュライト
  • (牡5、栗東・音無厩舎)
  • 父:ルーラーシップ
  • 母:タンザナイト
  • 母父:サンデーサイレンス
  • 通算成績:18戦4勝
  • 重賞勝利:
  • 16年京都記念(G2)
  • 18年AJCC(G2)

ダンビュライト
ダンビュライト

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。