競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【ダイヤモンドS】狭いスペースを根性で抜け出したユーキャンスマイルが重賞初制覇!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【必見】春の東京・京都を徹底解説

サムネ画像桜花賞、皐月賞とクラシック第一弾が終われば、次なる舞台は東京・京都!幅員が広く、...
続きを読む

【必見】GIウィーク攻略法

サムネ画像上位拮抗の桜花賞1強ムードの皐月賞いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 桜花賞のグランアレグリアに続き、先週の皐月賞もルメール騎手が騎乗したサー...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年02月16日(土)更新

【ダイヤモンドS】狭いスペースを根性で抜け出したユーキャンスマイルが重賞初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

ユーキャンスマイル

2月16日(土)、1回東京7日目11Rで第69回ダイヤモンドS(G3)(芝3400m)が行なわれ、道中8番手を追走し、直線で狭いところを割ってきた岩田康誠騎手騎乗の1番人気・ユーキャンスマイル(牡4、栗東・友道厩舎)が優勝。勝ちタイムは3:31.5(良)。

2着には2馬身半差で8番人気・サンデームーティエ(牡5、美浦・谷原厩舎)が軽ハンデを利して粘りこみ、3着には1馬身1/4差で3番人気・カフェブリッツ(牡6、栗東・池江寿厩舎)が続いて入線した。

勝ったユーキャンスマイルは父キングカメハメハ、母は09年府中牝馬Sの勝ち馬で、08年秋華賞2着馬のムードインディゴという血統。3戦目で初勝利を挙げると、昨年夏から本格化の兆しを見せ、1000万条件の阿賀野川特別を勝って挑んだ菊花賞はフィエールマンの3着。前走の万葉Sは勝ち馬ヴォージュとハナ差の2着だった。

馬主は金子真人ホールディングス株式会社、生産者は安平町のノーザンファーム

ダイヤモンドSの全着順・払戻金はコチラ⇒


1着ユーキャンスマイル(岩田騎手) 「乗りやすい馬ですね。抜け出してからも良い脚を使ってくれましたし、楽勝でした。反応が良かったですし、どの進路を通っても突き抜ける余裕がありました。これから長距離戦線で楽しみです」


  • ユーキャンスマイル
  • (牡4、栗東・友道厩舎)
  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ムードインディゴ
  • 母父:ダンスインザダーク
  • 通算成績:10戦4勝

ユーキャンスマイル
ユーキャンスマイル

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。