競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. ぶっつけ本番クロノジェネシスが惜敗にピリオドを打って悲願のG1初制覇!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

年末年始・徹底討論会

サムネ画像そろそろ12月。今年の競馬も残り1開催を残すのみとなりました。今回は、2019年...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 前回予定(10月24日)していた飲み会をドタキャンしただけに「立冬」のこの日...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回取り上げた柴田善騎手。先週は土曜福島メインのサンアップルトンで勝利。...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年10月13日(日)更新

ぶっつけ本番クロノジェネシスが惜敗にピリオドを打って悲願のG1初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

クロノジェネシス

10月13日(日)、4回京都4日目11Rで第24回秋華賞(G1)(芝2000m)が行なわれ、北村友一騎手騎乗の4番人気・クロノジェネシス(牝3、栗東・斉藤崇厩舎)が優勝。ビーチサンバが作った速い流れを中団で追走。直線に入って前が開くと、はち切れんばかりの伸びで先行勢を捕らえて先頭。そのまま後続を一気に突き放した。勝ちタイムは1:59.9(稍重)。

2着には2馬身差で2番人気・カレンブーケドール(牝3、美浦・国枝厩舎)、3着には1馬身半差で10番人気・シゲルピンクダイヤ(牝3、栗東・渡辺厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたダノンファンタジー(牝3、栗東・中内田厩舎)は8着に敗れた。

勝ったクロノジェネシスは姉が今年のヴィクトリアマイルを勝ったはノームコア。デビューから2連勝のあと、阪神JFで2着。3歳初戦のクイーンCで重賞初制覇と堅実な成績を残し、さらに桜花賞とオークスはともに3着と世代トップクラスの地力を示していた。桜花賞馬、オークス馬が不在となった牝馬3冠最後の一戦、オークス以来となるぶっつけ本番で、まさに悲願のG1タイトルを手に入れた。
馬主は有限会社サンデーレーシング、生産者は安平町のノーザンファーム

秋華賞の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • クロノジェネシス
  • (牝3、栗東・斉藤崇厩舎)
  • 父:バゴ
  • 母:クロノロジスト
  • 母父:クロフネ
  • 通算成績:7戦4勝
  • 重賞勝利:
  • 19年秋華賞(G1)
  • 19年クイーンC(G3)

クロノジェネシス
クロノジェネシス

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。