競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【コックスプレート】矢作師の悲願叶う!リスグラシューが豪快な大外一気で圧勝!
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

年末年始・徹底討論会

サムネ画像そろそろ12月。今年の競馬も残り1開催を残すのみとなりました。今回は、2019年...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 前回予定(10月24日)していた飲み会をドタキャンしただけに「立冬」のこの日...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 現役最年長ジョッキーの柴田善騎手。 今週の日曜はマイルCSの裏の東...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年10月26日(土)更新

【コックスプレート】矢作師の悲願叶う!リスグラシューが豪快な大外一気で圧勝!

ニュース提供:競馬ラボ

コックスプレート

10月26日(土)、オーストラリア・ムーニーバレー競馬場9Rで行われた第99回コックスプレート(G1)(3歳上 定量 1着賞金3億円 芝2040m)は、D.レーン騎手騎乗のリスグラシュー(牝5、栗東・矢作厩舎)が道中は後方に控えると、4コーナーで外を回って進出し先団にとりつき、直線伸びて後続を完封、優勝した。勝ちタイムは2:04.21(稍重)。

2着にキャステルヴェキオ(牡3、豪・R.リット厩舎)、3着にはテアカウシャーク(セン5、新・J.リチャーズ厩舎)が続いた。

勝ったリスグラシューは、昨年のエリザベス女王杯の勝ち馬。暮れの香港ヴァーズ2着、春のクイーンエリザベス2世Cも3着と海外遠征でも善戦を続け、前走の宝塚記念で2つ目のG1タイトルを手に入れていた。
馬主は有限会社キャロットファーム、生産者は安平町のノーザンファーム

コックスプレート

  • リスグラシュー
  • (牝5、栗東・矢作厩舎)
  • 父:ハーツクライ
  • 母:リリサイド
  • 母父:American Post
  • 通算成績:21戦6勝
  • 重賞勝利:
  • 19年コックスプレート(G1)
  • 19年宝塚記念(G1)
  • 18年エリザベス女王杯(G1)
  • 18年東京新聞杯(G3)
  • 16年アルテミスS(G3)

コックスプレート

コックスプレート

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。