競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【天皇賞・秋】これぞ女王の貫禄 アーモンドアイが圧巻の3馬身差V! 2着ダノンプレミアム
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

年末年始・徹底討論会

サムネ画像そろそろ12月。今年の競馬も残り1開催を残すのみとなりました。今回は、2019年...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 前回予定(10月24日)していた飲み会をドタキャンしただけに「立冬」のこの日...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 現役最年長ジョッキーの柴田善騎手。 今週の日曜はマイルCSの裏の東...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2019年10月27日(日)更新

【天皇賞・秋】これぞ女王の貫禄 アーモンドアイが圧巻の3馬身差V! 2着ダノンプレミアム

ニュース提供:競馬ラボ

アーモンドアイ

10月27日(日)、4回東京9日目11Rで第160回天皇賞・秋(G1、芝2000m)が行なわれ、C.ルメール騎手騎乗の1番人気・アーモンドアイ(牝4、美浦・国枝厩舎)が優勝。スタートを決めて好位のインを追走。直線に入って最内を突くと瞬く間に先頭を奪い、2着争いを尻目に後続を突き放した。勝ちタイムは1:56.2(良)。

2着には3馬身差で3番人気・ダノンプレミアム(牡4、栗東・中内田厩舎)、3着にはクビ差で6番人気・アエロリット(牝5、美浦・菊沢厩舎)が続いて入線した。

勝ったアーモンドアイは、6つ目のG1制覇で、C.ルメール騎手は昨年秋のレイデオロ、春のフィエールマンに続いて、異なる馬で天皇賞3連覇を達成。前走の安田記念ではスタートで大きな不利を受けて連勝がストップしてしまったが、スムーズなレース運びを見せたここで改めてその強さをアピール。絶対女王が鮮やかな復活を果たした。
馬主は有限会社シルクレーシング、生産者は安平町のノーザンファーム

天皇賞・秋の全着順・払戻金はコチラ⇒

  • アーモンドアイ
  • (牝4、美浦・国枝厩舎)
  • 父:ロードカナロア
  • 母:フサイチパンドラ
  • 母父:サンデーサイレンス
  • 通算成績:10戦8勝
  • 重賞勝利:
  • 19年天皇賞・秋(G1)
  • 19年ドバイターフ(G1)
  • 18年ジャパンC(G1)
  • 18年秋華賞(G1)
  • 18年優駿牝馬(G1)
  • 18年桜花賞(G1)
  • 18年シンザン記念(G3)

アーモンドアイ
アーモンドアイ
アーモンドアイ
アーモンドアイ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。