競馬成駿本紙 厳選買い目

東京8R 3歳上1勝クラス
⑰ニシノカツナリ
水野貴広 厩舎/☆武藤雅 騎手

スミヨン、ルメールにムーア(デットーリの来日はどうも不透明になったようだ)。さらに、昨暮の活躍で関係者の評判を一気に上げたマーフィーも含めて、外国人旋風が巻き起こる今週からの開催。これをどう捉えるかが馬券的にも最大のポイントになることは疑いない。

名手の腕で隠していた能力を引き出される馬もいるだろう。また、名手を乗せる以上、勝利が至上命題と厩舎が渾身仕上げで迎えるケースもあるだろう。彼らの力で信頼度の上がる馬が多くなることは想像に難くない。

しかし、その一方で名前だけで過剰に売れる馬が出てくることもまた事実。陰に隠れた日本人ジョッキーの馬券が適正オッズを離れ妙味を増すケース、これをコンスタントに拾っておくことで、中期の収支に大きな差が出てくることは間違いない。

このレースでいえば、⑰ニシノカツナリ。当日10:30現在の単勝は5.1倍。馬連も全て20倍以上。これは狙うべき“不適正”オッズ。

外追走から有り余る手応えのまま目一杯追うところなく33.9秒の脚で他馬を叩き切った未勝利戦。馬群で揉まれる厳しい競馬ながら、直線で進路を確保すると矢の様な伸びを見せ前との差を急激に詰めたアーリントンC。そのレース振りが示す通り、まだ粗削りながら秘めるポテンシャルがここでも二枚は違う器。これが外国人ジョッキーの手綱なら、おそらくもっと売れていただろう。このオッズで買えるのはオイシイと考えるべき。

主戦の武藤雅にしてみれば、このチャンスは逃せない。代わりはいくらでもいる状況。叩き2戦目の次走で、それこそスミヨン、ルメールあたりに手綱を奪われてもおかしくない。それだけの馬。ゆえに、ここは乾坤一擲の勝負鞍。その意気や、土曜の平場戦における外国人ジョッキーのそれとは比にならない。
先月10日から時計を出し始め、追うごとに良化を辿って悪くても8分以上はある仕上げ。これに馬の資質、乗り役の勝負乗りが加われば、東京の長い直線を利した末脚一閃は容易にイメージできる。配当妙味を含めて、買いはこのタイミング。

立ちはだかるのは名手スミヨンが駆る②レッドヴァール。未勝利の身で500万を勝った実力馬だが、使うごとに決め手不足が見えてきている現状。そんな馬だけに、スミヨンの内枠は願ってもない。ひと叩きの上積みも十分。今季の東京マイルにおけるスミヨンの騎乗を振り返れば、早めの競馬からラストまで保たせるシーンがあっても驚けない。

ひとクラス上の1000万でも再三の好走歴がある⑱アオイシンゴは、長欠明けでも力の一端を見せており、ひと叩きの今回は当然軽くは扱えない。

以下、これも乗り役の名前で不当に人気を落としている堅実派⑭ガロシェ。⑦トロシュナは、理想は1400mで1ハロン長い嫌いはあるが、血統通りの左回り適性。ある意味、外国人旋風のアオリを最も食らっている鞍上川田。まだリーディング奪取の可能性もある今、簡単には引き下がれない立場でもある。

出馬表・オッズはこちら
※馬番は予想家の評価順となっております。ご注意下さい。
馬連
2-17(25%)
17-18(20%)
14-17(15%)
7-17(10%)

10-17(10%)
5-17(10%)
13-17(10%)
3連複
[1頭目]17
[2頭目]2.18.14
[3頭目]2.18.14.7.10.5.13
(フォーメーション 15点)
3連単
[1着]17
[2着]2.18.14.7
[3着]2.18.14.7.10.5.13

[1着]2.18
[2着]17
[3着]2.18.14.7.10.5.13
(フォーメーション 36点)

競馬JAPANに掲載されている記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。当方では購入代行などは行っておりません。
競馬法第28条により、未成年者は勝馬投票券を購入し、又は譲り受ける事は禁止されております。
※弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人にあるものといたします。