協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【丸山元気騎手】懸命のアピール
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2019年03月01日(金)更新

【丸山元気騎手】懸命のアピール

先週の中山記念は、GⅠ馬5頭という豪華なメンバー集まりましたが、勝ったのはGⅠ未勝利のウインブライトでした。ただ、昨年の勝ち馬で、重賞5勝中4勝を中山コースで挙げている中山巧者。中山芝1800mなら現役最強なのかもしれません。


今回注目したいのは、その中山記念に、昨年のマイルCSを制したステルヴィオで挑んだ丸山騎手です。噂によるとブロンデル騎手が乗る予定だったのが、丸山騎手に変更となったそうで、丸山騎手にとって見れば千載一遇のチャンスだからです。


そして、大阪杯とセットでの依頼という噂もあり、そう考えると中山記念は難しい一戦だったのではないでしょうか。というのも、ここでメイチの競馬はさせたくない。だからといって、爪を隠すために試し乗りしできるほど丸山騎手の政治力は高くないから、結果が思わしくなかったら先約を反故にされる可能性もある。


というわけで、3着という結果は可もなく不可もなくというところだったのではないでしょうか。


ひとつ気になったのは、「最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告」というペナルティを受けたことです。


パトロールで確認すると、ムチを3発打ったら1、2回見せムチ入れて、また3発という感じで連打したわけではないのですが、ムチとムチの間のインターバルが決まっていて、それくらいのインターバルしかないと見せムチを挟んだとしても連打としてカウントされるらしい(結果、制裁を受ける)。
ただ、丸山騎手がそれを知らないということはないと思うので、折角のチャンスを逃さないため、制裁覚悟で一生懸命追いましたとアピールしたのかもしれません。


素人の筆者には、(最初から制裁覚悟だったのだとしたら)見せムチも入れないで、連打したらもっと馬が伸びるということがあるのか?そして、その場合の制裁は重くなったりするのか?こういうところが気になったのです。


樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line