協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【武豊騎手】樋野竜司の騎手予想
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2019年12月20日(金)更新

【武豊騎手】樋野竜司の騎手予想

前回取り上げた武豊騎手。先週の朝日杯FSでもタイセイビジョン(2番人気)で2着と存在感を示しました。それだけでなく今週は水曜日に川崎で全日本2歳優駿に騎乗(メイショウテンスイ1番人気4着)したかと思えば、翌木曜日は名古屋で名古屋グランプリに騎乗(メイショウワザシ3番人気4着)。そして週末は土曜に阪神、日曜は有馬記念が行われる中山と、日本中を駆け回って騎乗します。


ただ、名古屋グランプリのあとに行われた有馬記念の枠順抽選会には参加できませんでした。気になって調べたところ16時10分に名古屋競馬場前駅の電車に乗れれば、最短で品川に18時06分につくよう。18時30分までの中継内にはギリギリ間に合ったとしてもクジを引くところには間に合わなかったということなのでしょう。武豊騎手ならそんな移動も難なくこなしてしまうかと思ったのですが、さすがに無理があったようです。


というわけで、今週はいよいよ有馬記念。アーモンドアイの緊急参戦で空前の豪華メンバーによる一戦となりました。


さらに、今年は(地方や海外を含めても)GⅠを3勝以上している馬がいないので、このレースが年度代表馬を決める一戦になるといっても過言ではありません。というわけでお祭り的な要素もありながら、真剣勝負の側面も例年以上に強く、いまから楽しみで仕方がありません。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line