{* *}

競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【M.デムーロ騎手】樋野竜司の騎手予想
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

フェブラリーステークス2020

サムネ画像2020年最初の東京開催が開幕します。日本の競馬を象徴する競馬場として、競馬ファ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 3連休直前の10日の金曜日。お嬢達より早く「頑鉄」に着くと、正月の挨拶もそこ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の京成杯を制したのは、吉田豊騎手が騎乗したクリスタルブラックでした。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

今週の政治騎手

2020年01月10日(金)更新

【M.デムーロ騎手】樋野竜司の騎手予想

先週の中山金杯を制したのはM・デムーロ騎手が騎乗したトリオンフでした。昨年秋はアドマイヤマーズやグローリーヴェイズなど乗り替わりとなった馬が次々にGⅠを勝ち苦境に立たされていました。しかし、暮れの東京大賞典をオメガパフュームで勝つなどここに来てまた調子を取り戻してきた印象です。


本人もこのままではまずいと、しばらく関東に拠点を移すという決断をした模様。エージェントも年明けから柴田大騎手や丸山騎手を担当している関東の川島氏に変更しました。


昨年の関東リーディングの戸崎騎手はケガで戦線離脱中。2位の三浦騎手も1月5日の中山7Rで落馬事故に巻き込まれる不運。年明けから関東のトップジョッキーふたりがいないという異常事態になってしまいました。
前述のトリオンフももともと三浦騎手が騎乗する予定だったものが急遽デムーロ騎手に乗り替わりになったもの。他人の不幸を望んでいたわけではないでしょうが、関東移籍が復活の追い風になる可能性が出てきました。


先週の中山は、マーフィーが8勝、デムーロ騎手が4勝と外国人騎手の活躍が目立ちましたが、それはいまの関東の騎手事情は色濃く出た結果と思っています。というわけで、この追い風を上手く活かせるのか今週の騎乗ぶりにも注目したい。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN