協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【吉田豊騎手】樋野竜司の騎手予想
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2020年01月23日(木)更新

【吉田豊騎手】樋野竜司の騎手予想

先週の京成杯を制したのは、吉田豊騎手が騎乗したクリスタルブラックでした。


吉田豊騎手は17年12月の落馬事故で頚椎骨折という重賞を負ってしまい、1年以上の長いブランクから昨年の3月に復帰。そして京成杯が復帰後して初の重賞勝利となりました。加えて先週は3勝の活躍。ようやく本来の騎乗を取り戻してきたのかもしれません。クラシックを狙える相棒の出現でモチベーションもアップするでしょうし、これからどんどん調子を上げてきそうです。


吉田豊騎手は、最近はテレビの解説者として活躍されている大久保洋吉元調教師の弟子として、厩舎の解散まで所属していました。
そして、大久保洋厩舎から多くの調教師が独立開業しており、吉田豊騎手をバックアップしています。クリスタルブラックを管理する高橋文師ものひとりですし、土曜の中山9Rを勝ったダイシンシンインディーを管理する戸田調教師も大久保洋厩舎の出身。


昨年3月に復帰後、先週までで15勝を挙げていますが、半数以上にあたる8勝が大久保洋厩舎出身調教師(高橋文、戸田、尾関、土田)からの依頼。というわけで、これらの厩舎からの依頼は馬券的にも注目すべき。


クリスタルブラックがキズナ産駒だからというわけではないですが、先週の重賞制覇は大久保一門の絆の深さを証明する勝利だったといえるのかもしれません。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line