協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【北村友一騎手】勝ち負け圏にいるということ
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2020年04月10日(金)更新

【北村友一騎手】勝ち負け圏にいるということ

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、非常事態宣言が出されることとなりましたが、どうにか今週も競馬が開催されそうです。


売り上げの一部が国庫に入るというだけではなく、感染拡大防止に役立つ「家にこもってできる娯楽」で、経済まで回せる。大変な状況ではありますが競馬があることに感謝しながら、思いっきり楽しみたいと思っています。


先週の大阪杯はデムーロ騎手が騎乗したラッキーライラックが勝利しました。
今回注目するのは2着のクロノジェネシスに騎乗した北村友騎手です。


先々週の高松宮記念ではダイアトニックに騎乗し直線で寄られる不利が響いて3着(4位入線繰り上がり)というようにGⅠレースになると不思議とアクシデントの被害者になったり加害者になったりすることの多い騎手。
ただ、逆にいえばそれだけ勝負圏内にいるということ。馬質がいいだけでなく、常に勝ち負けできる競馬をしているといえるのではないでしょうか。


大阪杯では不利な大外枠に入りましたが、プラスに考えるなら不利を受ける可能性がもっとも低い枠といえそう。もっと内目の枠なら違った結果になったのか? 外枠で不利なくスムーズな競馬ができたのが好走の要因か? これからのGⅠでの騎乗ぶりが楽しみになりました。


桜花賞2020ゲキ推し穴馬
先週は11人気をプッシュ、今週は推定8人気!
「重賞トリプルトレンド」で公開中!
↓↓↓↓↓




樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line