協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 樋野竜司:今週の政治騎手
  4. 【凱旋門賞】冷静に考えなければいけないこと。

競馬コラム

樋野竜司:今週の政治騎手

2022年10月07日(金)更新

【凱旋門賞】冷静に考えなければいけないこと。



今年の凱旋門賞は、5歳牝馬のアルピニスタが勝利。日本から挑戦した4頭は、11着のタイトルホルダーが最先着で、どの馬も力を発揮できなかったように見えました。

その理由は、渋ったタフな馬場に加え、レース直前から降り出した大雨に苦しめられたからだと思います。

レース後は「日本の競馬と欧州の競馬は完全に別競技だ」とか「ダートもこなせるパワーのある馬を連れていく必要がある」とか「凱旋門賞を勝てる馬がいたとしても日本では活躍できずに埋もれているから、そういう馬を見抜いて連れていくべき」など、どうやったら日本馬が凱旋門賞を勝てるのかの議論が盛んに行われました。
ただ、ひねくれるわけではないですが、筆者にはこういう議論の根底に日本馬が勝てない理由があるのではないかと感じました。


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
境&ブライアンの『GI&重賞特注馬』が無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
境&ブライアンの『GI&重賞特注馬』が無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line