協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【吉田隼人騎手】必見!売出中ジョッキーの狙い時!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2022年10月28日(金)更新

【吉田隼人騎手】必見!売出中ジョッキーの狙い時!



筆者の菊花賞の本命は、吉田隼騎手が騎乗したボルドグフーシュでした。

長距離戦は騎手の腕がモノを言うとよく言いますが、そのメカニズムをものすごく単純化すると、道中何度もアクセルとブレーキを使う必要があるからでしょう。
ダートの短距離戦ならスタートからアクセル踏みっぱなしでよかったりするので若手騎手でも勝負になりますが、長距離戦となるといくら減量特典があってもそう簡単にはいきません。

戻ってボルドグフーシュを本命にした理由。
デビュー戦から毎回後方からの競馬をしていて追走に苦しむことがあっても、行き過ぎることがないので、菊花賞でもブレーキは使わず、アクセルをどう使うかだけを考えればいいと思ったからです。
5連続で最速の上がりを記録していて末脚は威力十分。問題は道中、どこでどうアクセルを踏むかだけです。

吉田隼人騎手も似たような狙いだったのではないでしょうか。
スタートは互角に出たものの、二の脚がつかず後方からとなってしまったのですが、道中じわじわとポジションを上げていき、4コーナーを回る時には4番手まで押し上げました。
ただ、そこから自慢の末脚を伸ばしたものの、先に抜け出した2番人気のアスクビクターモアの粘りに屈し、ハナ差の2着という悔しい結果に。

最近は白毛のアイドルホースのソダシの主戦として有名で、今年もヴィクトリアマイルを制覇。ポタジェで大阪杯も制しており、大舞台での活躍が増えており、着実に「政治力」をアップさせている印象です。


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
宝塚記念01 宝塚記念02 宝塚記念03 宝塚記念04
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿が有馬記念まで無料!
重賞予想を無料でGETする
樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line