協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 樋野竜司:今週の政治騎手
  4. 【M.デムーロ騎手】自信!?

競馬コラム

樋野竜司:今週の政治騎手

2015年06月05日(金)更新

【M.デムーロ騎手】自信!?

ダービーは、皐月賞馬のドゥラメンテの圧勝でした。共同通信杯で折り合いを欠いたり、皐月賞の4コーナーで大きく外に膨らんだりするなど気難しい面がある馬で、距離延長のダービーでどういうレースぶりを見せてくれるか注目だったのですが、好位で折り合い、危なげのない競馬で完勝。

能力はこの馬が一番と自信を持って騎乗したM.デムーロ騎手の手綱捌きが光りました。こういう難しい馬に日本人ジョッキーが騎乗すると、折り合いをつけることを最優先に考え、後ろに下げたり、前に壁を作ったりするイメージが強いのですが、馬の力を信じ、最高のパフォーマンスを引き出すことだけを考えて騎乗したように見えました。

デムーロ騎手は皐月賞を勝った時点で、ダービーも勝てると確信したのではないでしょうか。というのも、皐月賞後は、ダービーにすべてを賭けていた気がしてならないのです。

一番注意しなければならないのは騎乗停止を喰らってダービーに騎乗できなくなること。しかも、皐月賞で騎乗停止処分を受けているので、次は加重制裁になる。ケガの治療という理由で、騎乗停止が明けてもさらに1週休みを延ばしたのですが、骨折していても休まない日本人騎手もいるくらいなので、万全の体調で復帰するという理由以外に、騎乗停止のリスクを減らす意味もあったように思います。

休養明けからダービーまでの2週間制裁なしで乗り切ったのですが、それ以前の成績と比較すると、安全運転に徹していたようにも感じるのです。

3~4月:勝率15.5%、複勝率38.8%

5月(オークスまで):勝率7.1%、複勝率28.6%

昔から、外国人ジョッキーは賞金の高いレースでしか本気を出さないといわれますが、それも一理あるのかもしれないですね。

【M.デムーロ騎手の騎乗予定】
:土日で計12鞍。賞金の高いレース=重賞には特に注目?

プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line