協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【野中悠太郎騎手】減量効果!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2015年06月12日(金)更新

【野中悠太郎騎手】減量効果!?

安田記念は、3連勝中のモーリスが1番人気に応え快勝しました。

ダービーが終わると、クラス替えが行われ、4歳馬の収得賞金が半減されます。そのため、4歳馬のモーリスは賞金不足で除外になる可能性が高いといわれていました。しかし、フタをあけてみたらフルゲート割れとなり難なく出走することができたのです。

また、先週からは2歳新馬戦も始まりました。さらに、3歳馬もこれからは古馬と混じって走るようになります。

そして、この時期の馬券で注目したいポイントは『斤量』です。まだ力をつけている段階の3歳馬と古馬が一緒に戦うわけですから、凱旋門賞もそうであるように、3歳馬の斤量を軽くして多少のハンデを与えているのです。レースの条件によって斤量が変わりますが、一般的な条件だと、古馬57キロ(牝馬55キロ)に対し、3歳馬は54キロ(牝馬52キロ)と3キロ軽い斤量で戦えるのです。

そして、3歳牝馬の52キロは、多くの騎手にとって体を絞らないと乗れない斤量。なので、この時期の3歳牝馬に一流ジョッキーが乗ってきたら、勝負気配濃厚といえます。

ダービー翌週から新馬戦を組むようになった12年以降、52キロ以下の斤量での成績を調べると、岩田騎手が複勝率58.3%、蛯名騎手が複勝率58.1%など、勝負度合いの高さがうかがえる結果となっています。

さらに、この時期の3歳牝馬に▲(3キロ減)の減量騎手を乗せると、レースに49キロの斤量で出ることができます。12年以降、斤量49キロ以下の6月の成績をみてみると、以下の通り。

【5-4-4-43】勝率8.9%、複勝率23.2%、単勝回収率174%、複勝回収率156%

先週は、新人の野中悠太郎騎手が49キロのカゼノトビラに騎乗し2着(9番人気)でした。まだ、勝ち星を挙げていないジョッキーですが、斤量面でのアドバンテージのあるこの時期にキッカケを掴んでほしいですね。

【野中悠太郎騎手の騎乗予定】
:2場開催の影響もあり土日で計4鞍。初勝利目指してガンバレ!

プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line