協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【中谷雄太騎手】決意!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2015年06月19日(金)更新

【中谷雄太騎手】決意!?

先週日曜の阪神8レースを快勝したのは、松若騎手が騎乗したメラグラーナでした。南半球産で斤量が2キロ優遇されるうえ、松若騎手が☆(1キロ減)なので、その斤量は49キロ。しかも、単勝20倍と妙味も大きいので、やはりこの時期は斤量の軽い馬を馬券で要チェックすべきでしょう。

マーメイドSのアースライズも、49キロというハンデで注目を集めた一頭でした。結果は3番人気に支持されながら9着と期待に応えられなかったのですが、レース前、鞍上が誰になるのかが話題を呼んだからです。というのも、体重の重い一流騎手はその斤量で騎乗できないし、重賞の有力馬を減量騎手に任せるのは難しい。結局、中谷雄太騎手が乗ることになったのですが、このハンデで騎乗するためにかなりの減量を強いられたのではないでしょうか。

その中谷騎手は、今年5月に美浦から栗東に移籍しました。その前から栗東を拠点に騎乗していたので、名目上の美浦所属を実態に合わせただけと思われるかもしれませんが、それだけではないかもしれません。

中谷騎手本人も、「中途半端な立場だと感じていたので、決意しました。関西の騎手として定着できるよう、何より自分自身が騎手人生最後の勝負だと思っているので、後悔しないように頑張りたい」と並々ならぬ決意を語っていたからです。

移籍がスポーツ紙のニュースで流れることで、存在アピールになるだけでなく、栗東に腰を据えたことで新たな騎乗馬獲得のチャンス生まれるかもしれないからです。土曜のメインをニシケンモノノフで勝つなど、最近は話題になることが多く、本人も今がチャンスを思って勝負に出ているのかもしれません。

【中谷雄太騎手の騎乗予定】
:土日で計6鞍。土曜日はかつての主戦場・東京での騎乗ですね。

プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line