協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【四位洋文騎手】絶妙なさじ加減!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2015年08月27日(木)更新

【四位洋文騎手】絶妙なさじ加減!?

前回注目した柴田善臣騎手は、先週も札幌に遠征し、札幌記念のトウケイヘイローに騎乗しました。ここは同型不在なだけではなく、番手からプレッシャーを与えてくるような馬もいない。近走の成績から後続にも舐められそうだから、展開に恵まれるとみていたのですが、レースは1000m通過58秒9と、昨年の札幌記念程ではないものの、かなり速いペースでの逃げとなってしまいました。

そうなった原因に、四位洋文騎手の緻密な戦略があったのではないかと思っています。

四位騎手が騎乗していたディサイファは小島太厩舎の管理馬。小島太厩舎は札幌記念にもう一頭ダービーフィズも出走させています。しかし、どちらが勝負かといえばダービーフィズのほうでしょう。というのは、ダービーフィズは前走函館記念を勝ち、サマー2000シリーズチャンピオンに最も近い存在。ここを勝てば優勝決定だし、上位に食い込めば優勝にグッと近づけるからです。

さらに、四位騎手は昨年の札幌記念でトウケイヘイローに騎乗しており、この馬をクセは把握している。なので、ダービーフィズに不利な流れにならないよう、2番手につけ、トウケイヘイローがペースを落とせないようにし。トウケイヘイローをうまく先導役として使いながら、自分も生きる騎乗をしたように見えたからです。

自分が1着で、ダービーフィズも3着に入ったというのは最高の結果だったのではないでしょうか。

このように四位騎手は前に行くと恐ろしい騎手なのですが、どうして、なかなか前で競馬してくれないのでしょうか?

【四位洋文騎手の騎乗予定】
:土日札幌で計6鞍の騎乗。WAJS開催で騎手が集まることもあり、乗り鞍は少なめですネ。

プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line