協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【岩田康誠騎手】あくまでもトライアル乗り?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2015年09月24日(木)更新

【岩田康誠騎手】あくまでもトライアル乗り?

先週はローズSとセントライト記念が行われました。ローズSで桜花賞馬のレッツゴードンキに騎乗し、セントライト記念ではダービー2着のサトノラーゼンに騎乗した岩田康誠騎手でしたが、ローズSは4着(3番人気)、セントライト記念は7着(1番人気)と、期待に応えることはできませんでした。

ただ、どちらも本番に出走するための賞金を十分に持っているので、ここは本番を見据えてのトライアルに徹したとも考えられます。

とくに、レッツゴードンキは馬の気分に任せて逃げたのですが、前半1000メートルを58秒4で通過する厳しい流れ。そのため追い込み馬が上位を占める展開となりました。ただ、本番の秋華賞は距離がさらに200m延びるとはいえ、直線平坦の京都内回りに変わるのでそのスピードが大きな武器になりそうです。次走を考えれば悪くない内容だったのではないでしょうか。

ちょっと気になったのは、サトノラーゼンが神戸新聞杯ではなく、なぜセントライト記念を使ってきたかです。

一説には、2戦2勝の池江厩舎の期待馬キロハナを神戸新聞杯に出走させるため、同厩のサトノラーゼンとベルーフをセントライト記念に回し出走のボーダーを下げるためといわれていました。

また、岩田騎手がオールカマーでヌーヴォレコルトに騎乗する先約があり、神戸新聞杯に騎乗できないので、岩田騎手のスケジュールを優先したという説もあります。

どの説が正しいのかわかりませんが、秋の大レースに向けて各陣営の駆け引きがすでに始まっているようなので、騎手の移動もよく注意してみていきたいです。

プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line