協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【二本柳壮騎手】自信があるからこそのチョイス!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2015年10月22日(木)更新

【二本柳壮騎手】自信があるからこそのチョイス!?

秋華賞は、オークス馬で1番人気のミッキークイーンが快勝しました。鞍上の浜中騎手は、直前の鳴滝特別で3番人気のシホウに騎乗。ミッキークイーンと同じ大外枠で、最後方からの競馬を試みましたが、6着を押し上げるのが精一杯でした。

内回りと外回りの違いがあるとはいえ、秋華賞の予行演習を兼ねていた印象で、この日の京都は最後方からでは厳しいとつかめたのではないでしょうか。秋華賞では中団よりも前につける騎乗がピタリとハマりました。

今回注目したいのは、白秋Sをシンデレラボーイで2着した二本柳騎手です。というのは、矢作厩舎はこういうマイナー騎手を起用してきたときのほうが、勝負度合いが高いのではないかと思うからです。

この日の東京は、秋華賞で京都に遠征している騎手や、新潟に行っている騎手もいて騎手の数がそもそも少なく、さらに白秋Sはフルゲートを超える登録があったので騎手の確保が大変でした。

矢作厩舎は、木曜日に相手関係をみて使うレースを決めることがあるのですが、そのときに残っているのは、二本柳騎手以外では、岩部騎手や新人の野中騎手や障害騎手という感じだったのです(北村宏騎手、丸山騎手、江田騎手、大野騎手は抽選で除外されたため乗れなかったもの)。それでも、使ってきたということは、勝負になるという自信があったからだと思うのです。

これまでは、中谷騎手がそういう役割を担っていたのですが、最近は活躍が知れわたってしまって、その役割を終えた感じです。だから、矢作厩舎が見慣れない騎手を起用してきたら、勝負かもしれないと注意が必要です。

プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line