協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 樋野竜司:今週の政治騎手
  4. 【岩田康誠騎手】恐怖の先約地獄!?

競馬コラム

樋野竜司:今週の政治騎手

2015年12月17日(木)更新

【岩田康誠騎手】恐怖の先約地獄!?

結果にコミットする騎手110人攻略法!
樋野竜司『政治騎手名鑑2016』
いよいよ12/22(火)発売!

『政治騎手』シリーズも今回がなんと10作目!外国人騎手の参入もあり、ますます「騎手格差社会」は拡大していくばかり。現代の騎手事情を知らずに馬券は獲れません。

さあ、来年も「騎手」で好配当を掴み獲れ!
▼今すぐコチラから予約▼





「遅くなってすみません」

先週土曜の阪神4Rで逃げ切り勝ち(ショウナンアヴィド3番人気1着)を決め、年間100勝達成をした岩田康誠騎手。しかし、インタビューでは殊勝な受け答えに終始していました。99勝で足踏みしてしまい、気持ちも先走ってしまったと、心境も吐露。

今年重賞13勝と申し分ない結果を残しているように見えますが、重賞勝利からは9月の小倉2歳S(シュウジ1番人気1着)から遠ざかっている。

しかも、ここ最近は岩田騎手の流れの悪さを象徴するような出来事が続いています。チャンピオンズCを勝ったのは、前走まで岩田騎手がコンビを組んでいたサンビスタでした。岩田騎手はローマンレジェンドに先約があって乗れなかったのかもしれませんが、M・デムーロ騎手の手綱のよる勝利となってしまいました。
 
先週も、阪神JFをブランボヌールで3着(3番人気)と好走しましたが、お手馬だったヌーヴォレコルトがムーア騎手に乗り替わりとなり香港Cで2着。

このように、続々とお手馬が乗り替わりで活躍しているのです。

今週の朝日杯FSも、シュウジと岩田騎手で新馬戦を快勝したリオンディーズがバッティング。先約があったシュウジに騎乗することになり、リオンディーズはM・デムーロ騎手に乗り替わりとなるようですが、岩田騎手は先約地獄という状況から抜け出せるのか、それともさらに深みにハマってしまうのか、注目したいと思っています。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line