協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【福永祐一騎手】勝てる騎乗、勝てない騎乗!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2016年03月31日(木)更新

【福永祐一騎手】勝てる騎乗、勝てない騎乗!?

先週の中京は、前週までのタフな馬場から、突如として高速馬場に豹変しました。高松宮記念を制したビッグアーサーの勝ち時計は1分6秒7で、前週までのレコードを1秒3も更新する驚異のタイムを叩き出しました。

高松宮記念を見て気になったことは、勝つ可能性のある騎乗をした騎手と、勝つ可能性が極めて低い騎乗した騎手に分かれた印象で、約半数の騎手が勝つ可能性を放棄するかのような騎乗をしていたことです。もちろん、最初から勝つつもりはなくて、馬の能力を出し切って着順をまとめようという意識で騎乗していた可能性もあるわけですが……。

というのは、どういう馬場なのか掴み切れていない土曜の前半のレースならいざ知らず、日曜のメインともなれば、高速馬場なのはどの騎手もわかっていたはずだし、高松宮記念が1分6秒台の決着になりそうなことは容易に想像できたからです。

そうなれば、ある程度勝つためにどうすべきかが見えてくる。というのは、高速馬場になればなるほど、道中脚を溜める意味がなくなり、平均的に脚を使って騎乗しないと、そういう時計では走れないからです。

具体的には前半33秒、後半33秒という走りが理想で、1ハロン毎のラップも11秒に限りなく近づけることが求められます。脚を溜めて、道中ラップを緩めたら、その分どこかで挽回しなければいけないのですが、そういう余地が全くなくなるからです。

そういう意味で、福永祐一騎手が騎乗したビッグアーサーの前半33秒3、後半33秒4というのは理想に近い競馬をしたということでしょう。

一方で、前半33秒5よりも遅く入って、後半が前半よりも速くなる騎乗をしてしまった騎手は、勝ちを放棄するような騎乗をしてしまったと反省してほしいですね。


結果にコミットする騎手110人攻略法!
樋野竜司『政治騎手名鑑2016』
ただいま好評発売中!

『政治騎手』シリーズも今回がなんと10作目!外国人騎手の参入もあり、ますます「騎手格差社会」は拡大していくばかり。現代の騎手事情を知らずに馬券は獲れません。

さあ、2016年も「騎手」で好配当を掴み獲れ!
▼今すぐコチラから予約▼



プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line