協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【池添謙一騎手】不運とはいってほしくない!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2016年04月14日(木)更新

【池添謙一騎手】不運とはいってほしくない!?

桜花賞は、数センチ差の大接戦となり、わずかの差でM.デムーロ騎手のジュエラーに軍配が上がりました。

勝利ジョッキーインタビューで(デムーロ騎手が)サラッとスゴイことをいっていました。

「(ゴール前のクビの上げ下げは)タイミング悪かった。アタマちょっと上げたで~」と。

しかし、実際はジュエラーのクビが伸びきったところがゴールだったわけなので、この発言からデムーロ騎手はゴールするタイミングやその時点での馬の体勢まで頭に入れて騎乗していて、ゴール直前で咄嗟にクビを下げさせたということがわかります。

桜花賞のゴール前のスーパースロー映像をみると、デムーロ騎手は、ゴール板なのか、シンハライトの鼻先なのかかわりませんが、内のほうを見ながら追っています。

さらに、ゴール前でタイミングが合わずクビを上げそうになると、すかさずジュエラーのクビを押している。

『押す→引く→押す→引く→押す→押す』

という感じに、ゴールの直前だけタイミングを変化させているのです。チューリップ賞ではハナ差で負けているので毎回うまくいくわけではないでしょうが、今回の桜花賞に関しては、デムーロ騎手の勝利への執念が優っていたといわざるを得ません。

昨年の天皇賞・秋で池添騎手が騎乗したショウナンパンドラから勝負をし、ハナ差の4着になって馬券を外してしまったのですが、体勢や脚色では3着のイスラボニータに勝っていたのに、クビの上げ下げで負けてしまったことを思い出しました。

なので、池添騎手には、桜花賞は運が悪かったとは考えずに、もっとうまくなる余地が見つかったくらいに考えて欲しいのです。


結果にコミットする騎手110人攻略法!
樋野竜司『政治騎手名鑑2016』
ただいま好評発売中!

『政治騎手』シリーズも今回がなんと10作目!外国人騎手の参入もあり、ますます「騎手格差社会」は拡大していくばかり。現代の騎手事情を知らずに馬券は獲れません。

さあ、2016年も「騎手」で好配当を掴み獲れ!
▼今すぐコチラから予約▼



プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line