協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【武豊騎手】孔明の罠!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2016年05月06日(金)更新

【武豊騎手】孔明の罠!?

天皇賞・春は武豊騎手が騎乗したキタサンブラックの逃げ切り勝ちでした。

2着はカレンミロティックで、鞍上の池添騎手は、桜花賞に続きまたしてもハナ差の2着と涙を呑みました。しかも、一旦はキタサンブラックを交わして先頭に立ったのに、ゴール前で差し返されてのもの。

武豊騎手は、いまは追い比べで競り勝つことはほとんどないので、ゴール前でもつれそうなときは、馬を追うことよりも、クビの上げ下げなどのテクニックを駆使しての先着を狙ってきます。今回の差し返しも狙ったものだったかもしれません。

というのは、馬は程度の差こそあれ、ソラを使ったり、先頭に立った瞬間にフワッとしたりするものです。差してきた馬の勢いの差が歴然のときには、楽々突き離せますが、天皇賞の競り合いのように勢いが拮抗しているときだと、先頭に立った瞬間にフワッとして差し返されることもある。武豊騎手はそれをわかったうえで、一旦池添騎手が前に出たことを確認してから、残しておいた脚を繰り出しているように見えるのです。

ペース配分も見事というしかないですが、気になったのはゴールドシップが勝った昨年と流れはほとんど変わらないという点です。

「最初の1ハロン目→200~1200m→1200~2200m→2200~3200m」を比較すると。

16年:13秒0→60秒8→62秒4→59秒1
15年:12秒7→60秒9→62秒1→59秒0

馬場状態も違うし、風の影響もあるので、そのまま比較はできないですが、流れは変わらないといっても過言ではないと思います。

武豊騎手はこれまでGIレースで逃げると後続の厳しいマークに合うことが多く、天皇賞がGIで初の逃げ切り勝ちだったそうです。ただ今回に限っては、逃げているのが武豊騎手だけに何か企んでいるに違いないと、後続が深読みしすぎて動けなかっただけかもしれません。とはいえ、孔明の罠のように、それも武豊騎手の凄さの証明なのかもしれませんが。


結果にコミットする騎手110人攻略法!
樋野竜司『政治騎手名鑑2016』
ただいま好評発売中!

『政治騎手』シリーズも今回がなんと10作目!外国人騎手の参入もあり、ますます「騎手格差社会」は拡大していくばかり。現代の騎手事情を知らずに馬券は獲れません。

さあ、2016年も「騎手」で好配当を掴み獲れ!
▼今すぐコチラから予約▼



プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line