協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【田辺裕信騎手】自分を活かしつつ、相手を殺す騎乗
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2016年05月12日(木)更新

【田辺裕信騎手】自分を活かしつつ、相手を殺す騎乗

先週の日曜東京5レースの田辺裕信騎手のスケールアップ(4番人気3着)の騎乗に唸らされました。

レースは、好スタートを決めた福永騎手騎乗のドラゴンシュバリエがマイペースでハナに立ちそうな体勢だったのですが、そこに田辺騎手が内からアタマを突っ込んでいきます。その動きによって、福永騎手が「ハナは譲らないぞ」と余分にエンジンを温めてしまい、馬の折り合いを欠いてしまうことになりました。

こうなると、後続の騎手は逃げたドラゴンシュバリエは自然消滅だろうと判断し、早目に前の馬にプレッシャーを与えることはなくなります。なので、田辺騎手も離れた2番手で後続の厳しいプレッシャーに晒されることなくマイペースで競馬をすることができたのです。

スタート直後のほんのちょっとした動きですが、ライバルに厳しい競馬を強いたうえに、自分に有利な展開を作り出すことを可能にしたクレバーな騎乗だったのではないでしょうか。

NHKマイルCは1番人気のメジャーエンブレムの逃げ切りという結果でした。ハナを切ることは戦前からある程度予想できたことなので、後続がなにか対策を練ってくることを期待していたのですが、あまりにも何もなくてガッカリしました。

もちろん、自分が捨て石になって、メジャーエンブレムを潰すためだけにガリガリ競りかけるというのが正解だったといいたいわけでありません。前述の田辺騎手のように内枠で好スタートを決めた騎手がインからアタマを少し突っ込むだけで、ハナを切るまでに余分な脚を使わせることも可能。

なので、誰かが死に役を買って出て人気馬を潰せということが言いたいわけではなく、自分の馬のパフォーマンスを上げることばかりを重視しないで、相手の嫌がることをしたり相手の良さを消したりという騎乗をもっと考えて欲しいと思うのです。そういう駆け引きをファンに見せることで、競馬がより面白くなると思うからです。


結果にコミットする騎手110人攻略法!
樋野竜司『政治騎手名鑑2016』
ただいま好評発売中!

『政治騎手』シリーズも今回がなんと10作目!外国人騎手の参入もあり、ますます「騎手格差社会」は拡大していくばかり。現代の騎手事情を知らずに馬券は獲れません。

さあ、2016年も「騎手」で好配当を掴み獲れ!
▼今すぐコチラから予約▼



プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line