協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 樋野竜司:今週の政治騎手
  4. 【岩田康誠騎手】焦り!?

競馬コラム

樋野竜司:今週の政治騎手

2016年06月23日(木)更新

【岩田康誠騎手】焦り!?

先週の函館SSは、ゴール前ハナ差の大接戦。勝利の女神がほほ笑んだのは丸田騎手が騎乗したソルヴェイグでした。

岩田騎手が騎乗したシュウジは、一旦クビが前に出たように見えたのですが、ゴール前で差し返され、2着と涙を飲みました。

昨年、重賞13勝も挙げている岩田騎手でしたが、今年はまだ重賞未勝利。昨年の小倉2歳Sのシュウジ以来の重賞タイトルをあと一歩のところで逃してしまったのです。

ただ、レースのパトロールをみると、岩田騎手がゴール前でバランスを崩しており、それがゴール前で差し返された原因のように見える。

そこで、そのシーンを筆者なりに振り返ってみます。岩田騎手は直線で先頭を走るソルヴェイグに馬体を合わせに行こうとしていたのではないでしょうか。ムチは左手に持っていますが、それは右に持っていると馬体がぶつかったりした場合に故意のラフプレーとみなされてしまうので、それを避けるアリバイ作りのためでしょう。右手の手綱捌きと重心移動だけで左に寄せていっているように見えるのです。

しかし、ジワジワ外に寄っていたのが、ソルヴェイグを交わして先頭に立ったところで、急に大きく外にヨレてしまう(ソルヴェイグはそれを巧みによけて接触を避けたのです)。その動きに岩田騎手がついて行けずバランスを崩したのでしょう。勝負事にタラレバは禁物ですが、まっすぐ追っていたら勝っていたのは岩田騎手だったように思います。

久々の重賞タイトルが手の届くところまで来て、勝負を急いでしまったのかもしれません。


結果にコミットする騎手110人攻略法!
樋野竜司『政治騎手名鑑2016』
ただいま好評発売中!

『政治騎手』シリーズも今回がなんと10作目!外国人騎手の参入もあり、ますます「騎手格差社会」は拡大していくばかり。現代の騎手事情を知らずに馬券は獲れません。

さあ、2016年も「騎手」で好配当を掴み獲れ!
▼今すぐコチラから予約▼



プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line