協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【丹内祐次騎手】風を味方に!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2016年07月21日(木)更新

【丹内祐次騎手】風を味方に!?

函館記念は、丹内祐次騎手が騎乗したマイネルミラノの逃げ切り勝ちでした。丹内騎手は函館出身。目標にしていた地元の大レースを勝利し、ウイニングランを決めるくらいうれしかったのでしょう。

丹内騎手の騎乗をよく観察していると、風向きを意識して乗っているようにみえる。ダブルフラワーに騎乗した、ここ2戦を比較するとそれがよくわかります。

7月3日の函館7レース(芝2000m)は向こう正面が向かい風(スタートは追い風)だったので、スタートから押して押して先行し、(向かい風の)向こう正面ではジッと脚を溜める競馬(結果は7着)。

一方、先週土曜の函館12レース(芝2000m)では、風向きが逆(向こう正面が追い風で、スタートが向かい風)だったので、スタートから積極的にポジションを主張せず、後方からの競馬を選択し、追い風の向こう正面で一気にマクる競馬をみせました(3着)。

このように、風向きのよって選択する戦法が全く違うのです。

函館記念も、スタートが向かい風で向こう正面は追い風でした。好スタートからハナを奪うと、2コーナーまでは後続を引きつけてゆったりしたペースで逃げ、追い風になる向こう正面に入るとジワジワとペースアップ。4コーナーで後続を引き離すことに成功しました。

前半1000mが60秒0、後半1000mが59秒0と後半のほうが速く、後続はなすすべなしという感じでしたが、これも風向きを考えて乗る丹内騎手のヘッドワークの勝利なのではないでしょうか。


結果にコミットする騎手110人攻略法!
樋野竜司『政治騎手名鑑2016』
ただいま好評発売中!

『政治騎手』シリーズも今回がなんと10作目!外国人騎手の参入もあり、ますます「騎手格差社会」は拡大していくばかり。現代の騎手事情を知らずに馬券は獲れません。

さあ、2016年も「騎手」で好配当を掴み獲れ!
▼今すぐコチラから購入▼



プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line