協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 今週の政治騎手
  4. 【武豊騎手】菊花賞を意識した騎乗!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

今週の政治騎手

2016年09月29日(木)更新

【武豊騎手】菊花賞を意識した騎乗!?

先週はオールカマーをゴールドアクター、神戸新聞杯をサトノダイヤモンドが勝ち、どちらも1番人気に支持された馬が貫録を示しました。

今回注目したいのは、神戸新聞杯で5着に敗れたエアスピネルです。武豊騎手は、後方3番手という、これまでのエアスピネルのイメージとは全く違う騎乗を選択。しかし、直線で大外に持ち出しましたが伸びを欠いてしまいました。

ただ、神戸新聞杯について語った自身の日記の内容をみると、悲観する結果ではなかったようにみえます。

(武豊オフィシャルサイトから引用)
神戸新聞杯のエアスピネルは、後ろから攻める形になりましたが、折り合いがバッチリついていい感じで運べていました。さあ、ここから差し切ったら強いぞと、ワクワクした気持ちで追い出したんですが、ラストは伸びるどころか止まっていましたね。精神面の成長は感じられましたが、競馬の内容としては不合格でした。

それでも折り合いとイレ込みという大きな課題はクリアできたので、気持ちを切り換えて本番の菊花賞に臨むつもりです。


最近の長距離戦は真のスタミナ比べになることは少なく、スピードの持続力が要求される印象があります。なので、いくらスタミナに秀でた馬でも、スピードが足りないとレース中アクセルを吹かすシーンが多くなり、脚が溜まらなかったりする。道中アクセルもブレーキを使わずレースの流れに乗れる馬のほうが長距離戦で好成績を残すことができる。

そう考えると、神戸新聞杯の武豊騎手は、ここで勝ち気にはやる競馬をして、菊花賞で折り合いの難しさを露呈するリスクを取るより、菊花賞の流れに合うような騎乗を選択したのかもしれません。

その答えは菊花賞にあると思うので、楽しみに待ちたいです。


プロフィール
樋野竜司

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

樋野竜司も渾身の予想印を公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


樋野竜司

HINO RYUJI

1973年生まれ。「競馬最強の法則」02年11月号巻頭特集「TVパドック馬券術」でデビュー。
斬新な馬券術を次々に発表している人気競馬ライター。いち早く騎手の「政治力」に着目し、馬券術にまで洗練させた話題作「政治騎手(㏍ベストセラーズ刊)」で競馬サークルに衝撃を与えている。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line