競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 【マイルCS】3歳馬連勝中!今年も……!?
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

年末年始・徹底討論会

サムネ画像そろそろ12月。今年の競馬も残り1開催を残すのみとなりました。今回は、2019年...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「けっ!どこが国際GⅠだ!」――。外国馬の参加はゼロで社台絡みの馬ばっかだっ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 軽い熱発で香港カップを回避したアーモンドアイが有馬記念出走を表明。ルメー...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2019年11月10日(日)更新

【マイルCS】3歳馬連勝中!今年も……!?

マイルCSの前哨戦は、基本的にはスワンSと富士S。今年も、スワンSの上位5頭、富士Sは勝ち馬のノームコアこそ回避したが2~5着馬は出走を予定しており、本来はこの2つが参考レースとなる。しかし、今年のマイルCSの参考レースとして一番重要なのは毎日王冠ではないか。


毎日王冠は全出走馬10頭中、半分の5頭がマイルGⅠの勝ち馬というメンバー構成。ならば、マイルCSの前哨戦として、最も重要なレースが毎日王冠だったこと見て良かろう。勝ち馬は、ダノンキングリー。となると、マイルGⅠ勝ちはなくとも、ダノンキングリーがここでの最有力と見ていいのでないだろうか。


「毎日王冠は、まさかの出遅れ。この時点で頭(1着)は無いと思いましたが、大外へ進路を取ると他馬をあっという間に抜き去り、豪快な差し切り。GⅠ馬5頭を含め、他馬は上り34秒を切った馬は一頭もいないのに、この馬のみ33.4秒。どれだけ他と末脚の差があったかが分かります。春は距離が合わないと見られていたダービーでも2着に来たように、能力は3歳世代でも1、2の馬。マイル戦は新馬、500万と下級クラスのレベルしか経験がないのですが、兄のダノンレジェンド、ダノングッドが短距離で活躍しているのですから、ダービーの2400mよりは、マイルのほうがいいと思います。主戦の戸崎騎手が怪我で乗れなくなりましたが、横山典騎手を確保できたのも大きいです。ここ2年、ステルヴィオ、ペルシアンナイトと3歳馬が連続して優勝していますが、その2頭以上の能力を持つと思われるダノンキングリーなら、堅いと思います」(競馬専門誌記者)


以前は3歳馬がなかなか勝てないレースだったが、ここ2年は連勝。このデータも後押しし、ダノンキングリーが優勢に感じる。


ただ、こんな反論もある。


「毎日王冠は確かに強かった。だが斤量が54キロだろう。牡の古馬は57キロか58キロだから、斤量差が大きかったのも事実。特に3着のインディチャンプは58キロだから、4キロ差はでかいよ。それに前走はいかにも前哨戦仕上げ。勝った安田記念前のマイラーズCも、余裕残しの仕上げで4着に敗れたように、この馬はGⅠで大きく変わる。斤量差も1キロ差になるし、この前の天皇賞で上位独占のアーモンドアイ、ダノンプレミアム、アエロリットを、安田記念で破っている事実も忘れてはならない。
ペルシアンナイトモズアスコットも、一時に比べて調子を上げている。特にペルシアンナイトは、一昨年のマイルCS勝ち馬で昨年も2着。相性がいいので、陣営もここ一本に勝負を絞っているはず。イギリスのリーディングジョッキーであるマーフィーが騎乗ってのも不気味だよ」(関西記者)


毎日王冠で敗れたGⅠウイナー勢の巻き返しが怖いようだが、そうなるとコチラのマイルGⅠウイナーも怖い存在だ。


「2歳戦とは言え、マイルのGⅠ朝日杯FSを勝ったダノンプレミアムが、真価発揮の時だね。前走の天皇賞・秋も2着と頑張ったが、ゴール前でアエロリットに再度迫られたように厳しくなったところを見ると、この馬にとって2000mは少々長い。マイルこそ、この馬が一番力を発揮できる距離じゃないかな。アクシデントのあった安田記念こそ大崩れしたが、他のマイル戦は全て楽勝。マイラーズCでも、2着以下を子供扱いしていたからな。そもそも2000mの金鯱賞を楽勝したのに、大阪杯へ向かわず安田記念を狙ったのが、この馬の答え。となれば、秋の最大目標も、前走ではなく今回のマイルCS。某調教師が、『10年に一度の大物』と評したほどの大物は、マイル戦でこそ本来の力を証明できる」(関西記者)


最近は評価も落ち着いてきたが、安田記念の頃はアーモンドアイと評価を二分していたほどの馬。十八番のマイル戦なら、アーモンドアイ級の走りが見られそうである。


3歳馬ダノンキングリーに注目が集まるマイルCSだが、本当に面白いのは実績のあるマイルGⅠウイナーの面々。特にインディチャンプ、ダノンプレミアムの2頭は、ダノンキングリーにとって、かなり厳しい相手になりそうだ。

(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN