競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. アメリカジョッキーCCの展望コラム
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

どこよりも早い重賞分析

サムネ画像フェブラリーステークス2020の出走予定馬と予想オッズの紹介、データ分析を行って...
続きを読む

フェブラリーステークス2020

サムネ画像2020年最初の東京開催が開幕します。日本の競馬を象徴する競馬場として、競馬ファ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 3連休直前の10日の金曜日。お嬢達より早く「頑鉄」に着くと、正月の挨拶もそこ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2020年01月19日(日)更新

アメリカジョッキーCCの展望コラム

一昨年の有馬記念勝ち馬ブラストワンピースが復帰戦を迎える。グランプリホースとして迎えた昨年は、天皇賞・春、目黒記念とともに1番人気に支持されながら凡走も、豪華メンバーの札幌記念を勝って復活。凱旋門賞での期待感が大きく高まったのだが、勝ち馬から大きく離される大差負けと、ショッキングなレースとなってしまった。


大敗の影響も考えてか、連覇がかかる有馬記念は回避し、国内復帰戦はアメリカJCCに。肝心の状態はどうなのか。


「本来なら連覇のかかる有馬記念に出したかったはず。それができなかったということは、反動もあったのだと思います。結局、有馬記念から1ヵ月後の復帰戦となりましたが、狙ったレースではないでしょうから、さすがに絶好調時に比べると見劣ります。ただ、メンバーの中にGⅠウイナーはいませんし、ノーザンF勢もミッキースワロー、サトノクロニクルと個人馬主の馬は出ていますが、クラブ系の有力馬は出走を控えた感じがあります。やはりグランプリホースに恰好をつけてほしいのでしょうか」(競馬専門誌記者)


確かに相手に恵まれた感じもあり、GⅠ馬の力を見せつけたいところだが、それを許さないのが社台RH勢だ。


「こんなことを言っては失礼ですが、ノーザンF系のクラブ(サンデーR、キャロットF、シルクR勢)に比べ、目立たない社台系クラブ(社台RH)。ただ、今回は違います。社台RHは、ラストドラフト、ステイフーリッシュ、スティッフェリオと有力馬3頭を同じレースに送り込んできました。ジョッキーも、ステイフーリッシュにルメール騎手、ラストドラフトにマーフィー騎手と、普段ノーザンFの有力馬に騎乗している外国人騎手を確保してきたのですから、相当に意欲を感じます。
関東では、ラストドラフトですね。秋初戦のオクトーバーSは、休養明けに、展開不向きもあって凡走しましたが、一叩きで迎えた中日新聞杯は一変。ゴール寸前にサトノーガーネットに捕まりましたが、馬群から抜け出したときは、一瞬勝利を確信したほど。これで完全復調したと見ていいでしょう。前回からマーフィー騎手が連続騎乗は、この馬を高く評価している表れ。昨年の京成杯を勝っていることから、中山も合うはずです」


関西から遠征の社台RH勢は、ステイフーリッシュ、スティッフェリオの2頭だ。


ステイフーリシュは、GⅠは苦戦しているが、GⅡ以下では、3歳時のチャレンジC3着以降、同レースを含め5戦連続馬券圏内。GⅠ級メンバーだったGⅡ札幌記念は大敗も、福島記念は2着と、とにかくGⅡやGⅢでは安定していた。それだけに前走のチャレンジC10着は案外だったが、直線で狭いところに入り窮屈になった影響が大きかった。今回はルメール騎手に乗り替わり。ここまで一度も外国人騎手を起用していないし、ここ4戦は中谷騎手で固定。そこからのルメール騎手起用だから、勝負気配は濃いね。
スティッフェリオもGⅠは力負けしているが、GⅡ、GⅢに限れば福島記念、小倉大賞典、オールカマーと連勝中。力の要る今の中山は合うと思うよ」(関西記者)


ノーザンF天国が続くGⅠレース。だからこそ社台F勢は、GⅠでは負けても、GⅡ以下のレースでは意地を見せたいところ。社台RHが有力馬3頭を送り込むアメリカJCCは、特に負けられないレースだ。



(栗東在住ライター:鷲崎)

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN