協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 幻のGⅠ馬躍動!キーンランドカップは相手探し!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2020年08月23日(日)更新

幻のGⅠ馬躍動!キーンランドカップは相手探し!?



昨年は勝ったダノンスマッシュと2着タワーオブロンドンが、秋のGⅠスプリンターズステークスでそれぞれ3、1着と馬券圏内。今年も、スプリンターズステークスへ向けて重要な一戦となりそうだが……。

「以前も、ビービーガルダン、カレンチャンなどキーンランドC勝ち馬がスプリンターズステークスで好走。その後、スプリンターズステークスとの関連が薄くなった時期もありましたが、昨年ワンツーした馬のその後を見ると、再度重要性は高まってきたように思えます。
ならばダイアトニックで堅いのではないでしょうか。
高松宮記念は3着ですが、クリノガウディーの斜行が無ければ、勢いから勝っていた可能性は高いですから、幻のGⅠ馬と言えます。真のGⅠ馬になるためにも、勝負はスプリンターズステークスになると思います。
ただ、前走の函館スプリントステークスを勝ち、サマースプリントチャンピオンの可能性も出てきたことから、キーンランドカップも勝ちに来ると見ています。その前走函館スプリントステークスは、必ずしも100%の仕上げとは思えませんでしたが、それでも楽勝。今の充実ぶりなら、9分程度でも十分に勝ち負けできる馬だと思います」(データ解析班)

全体的に見てもGⅠ級と言えるような馬はおらず、もはやGⅠ級と言っていいダイアトニックは抜けた存在と考えていいだろう。

となると、ここは相手探しか。
函館スプリントステークスからは、2着のダイメイフジと4着のフィアーノロマーノが出走を予定している。

ダイメイフジは10番人気で2着の激走でしたが、テンの3Fが33.4秒と古馬重賞にしてはペースが遅く、展開に恵まれた面が強いですね。再度楽に逃げられればいいのですが…。
フィアーノロマーノは逆に展開に恵まれず4着ですから、今回はダイメイフジを逆転する可能性はあります。ただ前走を見る限り1200m向きに見えませんし、走法から小回りもきつそうなイメージです」(データ班)。

函館スプリントステークス組は、4着のフィアーノロマーノが更に着順を上げる可能性はあるが、前走に引き続き小回りの1200mをどうこなすか。

他の組でマークしたいのはUHB賞組。上位がそのままキーンランドカップに出てくるようだ。

「UHB賞組では、断然ライトオンキューだね。
57キロのトップハンデを背負いながら、横綱相撲で楽勝。さすがは重賞ウイナー(3走前に京阪杯勝ち)だ。昨年のキーンランドカップは4着だが、その時より遥かに力をつけている今なら、それ以上の成績を望んでいい。
ライトオンキューほどではないが、こちらも上位を期待したいのはイベリス
二桁着順が3走続いたが、休養を挟んで良くなり、ここ2走は勝ち馬から0.3、0.4秒差とそれほど負けていない。昨年の今頃は、セントウルステークスでタワーオブロンドンの3着に来たほどの馬。ローカルのGⅢなら、まだまだやれる」(関西馬担当記者)

ここまでに挙がった馬はダイアトニック、ライトオンキュー、イベリス。これでは配当がつきそうにない。面白い穴馬はいないのだろうか。

「ダイアトニックもライトオンキューも早めに上がってくるだろうから、一発を狙うなら差し馬だろうね。そこでエイティーンガール
ここ2戦は不発だが、函館スプリントステークスはスローペース、UHB賞は早めに脚を使って失敗したもの。今度は脚を溜める競馬に戻すだろう。シルクロードステークスではクビ差まで詰めており、重賞で通用する力はある」(関西馬担当記者)

エイティーンガールの一発に賭けるのも手。しかしメンバーを見ると、どうしてもダイアトニックとライトオンキューが抜けているイメージ。
特に幻のGⅠ馬ダイアトニックは、サマースプリントチャンピオンもかかるとなると、単なるスプリンターズステークスの叩き台とは思えない。堅い馬券になってしまうが、ダイアトニックを馬券から外すことは危険なようだ。

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line