協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 中山金杯、お年玉候補はウインイクシード!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2020年12月27日(日)更新

中山金杯、お年玉候補はウインイクシード!



1番人気が強く、一時はハンデ戦と思えぬほど大人しい配当が目立ったが中山金杯だが、ここ2年は3連単が21万、10万と波乱続き。今年も穴馬の台頭はあるのか、それとも人気サイドでおさまるのか? 東西それぞれ、お薦めの馬をいただこう。

「久々なのでどうかと思ったのですが、メンバーを見るとダーリントンホールで行けそうですね。
ダービーでは大敗しましたが、皐月賞は6着。後に菊花賞3着馬サトノフラッグとはクビ差で、後のダービー3着馬ヴェルトライゼンデ、そして今回人気になりそうなディープボンドには先着しています。
欧州の匂いが色濃い血統で、速い時計の出るダービーは合いませんでしたが、良でも馬場が重かった共同通信杯は勝っています。このような結果から、時計がかかり気味の現在の中山は合うと思います。」(関東担当記者)

とはいえ、ダーリントンホールは久々、少々不安である。もう少し穴っぽい馬が欲しいのだが、関西はどうだろう? 

「関西のイチオシはディープボンドだね。
有馬記念は残念ながら除外になったが、そこへ向けてCWで猛時計を出していたように調子は抜群だよ。ダービー5着、菊花賞4着と長距離でも頑張ったが、本来は中距離のほうが良さそうなタイプ。2000mになるのはいいし、今回はGⅢだからね。前走の菊花賞に比べれば相手も落ちるので、有馬記念に出られなかった鬱憤を晴らしたいところだよ。
ハンデは重いかもしれないが、中山コースで狙いたいのはカデナ
中山金杯は2年連続二桁着順だけど、どちらも調子の悪い時期だったから気にしなくていい。小倉大賞典を勝ち、GⅠの大阪杯で4着に来たように、直線の短いコースのほうがいい馬。中山2000mも弥生賞で勝っており、相手関係からも久々にチャンスの一戦だよ。
穴ではテリトーリアル。
昨年は11番人気で3着に入り、大波乱の立役者となった。その昨年の前3戦は2、1、11着で、前走の11着で一気に人気が落ちた。今回も前3戦が1、3、9着と前走が崩れており、昨年に似たパターン。昨年3着の結果から今回も勝負だと思うので、人気落ちなら美味しいよ」

福島記念ワンツーのバイオスパークヴァンケドミンゴはどうなのか。

「どちらもローカル色が強く、平坦向きのイメージ。中山の急坂は合わないんじゃないかな」

福島記念上位2頭は、能力は足りるが、コース適性が微妙という評価だった。

最後にデータ班のお薦めを教えていただこう。

「近年を見ると、チャレンジカップ、ディセンバーステークスから臨戦の馬の好結果が目立ちます。特に4年前は上位3頭がディセンバーステークス組、昨年は2頭がチャレンジカップで、1頭がディセンバーステークスです。
そこでチャレンジカップから臨戦予定の馬を調べると、1週前段階ではナイママ、ロードクエストの名が挙がりました。この2頭だと、2000mの距離が微妙で、推しづらいですね。
それでは、ディセンバーステークス組はどうか。こちらは5着のウインイクシードが出走を予定。
昨年の中山金杯も2着ですから、恐らく今年も出てくるでしょう。中山コース自体、11戦して7回馬券圏内に来ているようにコース適性はバッリですし、前走の結果からそれほど人気にならないでしょう。
12月16日に、ラフィアンとウインの業務提携解消が突然発表され、会員の間では動揺や不安が広がったと聞きます。このような時こそ早く結果を出す必要があるので、ウインイクシードも勝負度合は高いのではないでしょうか。
それでなくもウインは、ウインイクシードが昨年2着、ウインブライトが一昨年1着、3年前2着と、中山金杯は強いですからね」

とデータ班からは、ウインイクシードが挙がった。

まとめると、近走成績、仕上がりからディープボンドが優勢と見るが、恐らく上位人気間違いなし。近年の波乱傾向、お目出度い新年という状況から、ここは運試しに一発大穴を狙ってみたいところ。
そこで昨年、波乱を演出したウインイクシード、テリトーリアル、中山が合いそうなカデナ。恐らく上位人気にならないであろう3頭で、一獲千金の夢を見たい。

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line