協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 根岸ステークス、“目イチ”は誰だ!?
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2021年01月24日(日)更新

根岸ステークス、“目イチ”は誰だ!?



GⅠフェブラリーステークスの前哨戦となる根岸ステークス。ここ5年の勝ち馬のうち、モズアスコット、ノンコノユメ、モーニンと3頭が続くフェブラリーステークスも制しており重要な一戦である。今年も根岸ステークス、フェブラリーステークスと連勝するような馬が出てくるのか?

出走予定馬の顔ぶれを見ると、JRA所属では唯一ダートGⅠを勝っているのがアルクトスだ。

2走前の南部杯では、1.32.7秒の高速タイムでモズアスコットを破り、初GⅠ制覇。続くチャンピオンズカップは9着に敗れている。
「前走は距離もありますが、激走した南部杯の反動もあったかもしれません。今回は1400mに距離短縮しますし、特に左回りの1400mは3戦2勝2着1回で、プロキオンステークス、欅ステークスを勝っていますから、前走とは違います。東京ダートも8戦5勝と強いですからね」(データ解析班)

東京ダート1400mなら堅そうなイメージだが、こんな情報もある。


≫ 続きはログイン内で


lock
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿がダービーまで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む
contents01
contents02
contents03
いますぐ無料登録いただくと
WEB新聞・競馬成駿がダービーまで無料!
無料登録して続きを読む
または
ログインして続きを読む

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line