協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 2強ムードの阪神大賞典。割って入ればハーツクライ産駒!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2021年03月14日(日)更新

2強ムードの阪神大賞典。割って入ればハーツクライ産駒!



阪神大賞典は距離も時期も近いことから、天皇賞・春の有力馬が前哨戦に選択することも多いレース。そんな傾向もあり過去10年(以降も、データは過去10年を対象)の勝ち馬には、3連覇のゴールドシップをはじめサトノダイヤモンド、シュヴァルグランなどバリバリのGⅠ馬が並び、3年前のレインボーラインも、阪神大賞典、天皇賞・春と連勝している。

このように強い馬がしっかり結果を出してきた阪神大賞典。
おかげで馬券も落ち着いた配当が多いのだが、ここ2年は昨年が4万円台、一昨年が8万円台と中波乱。果たして今年も一波乱あるのか、それとも過去の傾向のように堅く収まるのか。

どちらに振れるか、鍵を握るのはアリストテレスだ。


≫ 続きはログイン内で


lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中
contents01 contents02
lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line