協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 1、2番人気絶不調の函館記念。今年も穴志向で臨め!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2021年07月11日(日)更新

1、2番人気絶不調の函館記念。今年も穴志向で臨め!



ごちゃつきやすい小回りコースに、ハンデ戦も多い夏の重賞は荒れるイメージが強い。中でも函館記念は、過去10年(以降もデータは過去10年のもの)で1、2番人気はそれぞれ1勝のみで、他は全て馬券圏外。つまり3着以内である複勝率ですら、たった10%しかない。これは他の重賞競走と比べても極めて低い。
上位人気では、3番人気が3勝と一番多く、複勝率も50%と頑張っているが、最も馬券になっているのは7番人気。1着こそ無いものの2着2回、3着5回で、複勝率は70%の高率だ。更に8、13番人気が、1、2、4、5番人気よりも複勝率が高いというのだから、函館記念が荒れるわけだ。

こうなると、まずは1、2番人気を消したいところだが、そもそも上位人気候補はどの馬なのか。そして本当に消しても大丈夫なのか?


≫ 続きはログイン内で


lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中
contents01 contents02
lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line