協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. トップ
  2. 無料コラム
  3. 競馬ウィキリークス
  4. 函館開催のクイーンSも、1番人気から人気薄が勝利への近道!
  5. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬コラム

競馬ウィキリークス

2021年07月25日(日)更新

函館開催のクイーンSも、1番人気から人気薄が勝利への近道!



例年は札幌開催だが、今年のクイーンステークスは函館開催。この影響で、レースの性格が大きく変わることはあるのだろうか?

「クイーンステークスは、過去10年、1番人気が10戦5勝、2着2回、3着2回で、勝率50%、連対率70%、複勝率90%。馬券を外したのは1頭のみと、1番人気が断然強いレースです。ただ2番人気以降は、4番人気こそ複勝率が40%と高いのですが、全体的に上位人気も人気薄も大きく変わらない。つまり1番人気+人気薄の組み合わせが多いのです。

ちなみに2017年のクイーンステークスが函館で行われたのですが、この時は1番人気のアイムユアーズが勝利し、2着にシンガリ人気のスピードリッパーが入っていますから、札幌開催で行われるクイーンステークスの傾向とほぼ同じ。函館開催の今年も、1番人気馬と、人気薄の組み合わせは面白いかと思います」(データ担当班)

まずは1番人気を軸に。これがクイーンステークスの基本なら、今年も1番人気候補を探していこう。

「1番人気はマジックキャッスルじゃないかな。
前走のヴィクトリアマイルでは3着まで来ているし、その前の3走も秋華賞2着、愛知杯1着、阪神牝馬ステークス2着と安定している。脚質から小回りは歓迎ではないけど、京都内回りの秋華賞で2着に来ているのだから対応はできるはず。
状態のほうも、1週前に坂路で51.3秒-12.0秒の好時計をマークしているし、馬体重も前走とほぼ変わらないくらいで出られそうという話なので、仕上がりも良好。今回のメンバーなら力も上だし、上位争い濃厚だろう」(情報担当班)

データ班もマジックキャッスル推しだ。

「前走がヴィクトリアマイルの馬は、勝率13%、連対率30.4%、複勝率47.8%となかなかの好率で、特に5着以内の馬は連対率が50%あります。2013年に函館で行われたクイーンステークスも、前走ヴィクトリアマイルの馬が2頭いたのですが、アイムユアーズが1着、オールザットジャズが3着と、ともに馬券になっています」

ローテーションから見ても、マジックキャッスルが優勢。だが前走ヴィクトリアマイルの馬は出走予定馬を見ると、シゲルピンクダイヤ、テルツェットもいる。

シゲルピンクダイヤは、ヴィクトリアマイルで5着に来ているように復調気配。
GⅢなら好勝負できる馬だが、福島牝馬ステークス(開催は新潟)を使ったときに、『左回りのほうがいい』という話があったんだよね。これを信じるなら、右回りの函館はどうかってことになる。でもコーナー4つの右回りでも、秋華賞3着の実績があるから心配しなくてもいいような気はするけどね。
テルツェットは、4連勝で臨んだヴィクトリマイルが14着惨敗。
GⅠで力が足りなかったというよりは、その前のダービー卿チャレンジトロフィーで力を出し切り、万全では無かったと見たほうがいい。ルメール騎手に乗り替わりだから、勝負気配も高いはずです」(情報担当班)

好成績の前走ヴィクトリアマイル組。当然この2頭もマークだが、1番人気争いではマジックキャッスルのほうが上だ。

だが、1番人気候補はマジックキャッスル以外にも存在する。それがドナアトラエンテだ。


≫ 続きはログイン内で


lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中
contents01 contents02
lock
WEB新聞・競馬成駿も
¥0無料公開キャンペーン中

栗東在住ライター:鷲崎

WASHIZAKI

熟練競馬ライター達がとある事情で新聞・テレビなど一般メディアでは取り上げられない業界の「アウトな裏話」を会員様限定でこっそりと公開!

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line